ラプラスの魔

ラプラスの魔

『ラプラスの魔』は1987年にPC88用として、
ハミングバードソフトから発売されました。

RPGとしては珍しい世界観に高い難易度が特徴でした。

ゲームジャンル:RPG

rapur01.jpg

ジャンルは、3DダンジョンタイプのRPG。
舞台は1920年代のアメリカで、
とある町でおきたオバケ騒動の真相を究明することが、
ゲームの目的となります。

RPGというと馬鹿の一つ覚えみたいにファンタジー物が多いわけですが、
その傾向は昔になればなるほど強いです。
そんな中にあって、このゲームはホラーでした。
まずそのことに驚かされましたね。
ホラー系のゲーム自体少ないのに、
それをRPGで表現したわけですから。

現代が舞台ということで、職業もユニークです。
探偵とか科学者とかジャーナリストとか、
他にはない職業ばかりでしたね。

システムにも面白いところがあって、
モンスターの写真を撮ってそれを街で売ってお金を稼ぐ設定になっていて、
そういう細かいところもストーリーとマッチしていて好印象でした。

またハミングバードソフトはADVも多く作っていて、
その名残からか本作でもイベントが他のRPGより多めでした。
これは好みにもよりますが、ADVが好きな私には嬉しかったです。

まぁ、難易度が高くて私にはちょっときつかったのですが、
珍しい設定に設定を活かしたシステムで、
十分に名作と呼べる作品でしたね。

ランク:A-(名作)

現在は下の雑誌にも丸ごと収録されています。
PC‐9801ゲームリバイバルコレクション

関連するタグ PC88 /RPG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1987」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/180-8244c795
| ホームへ戻る |