ヤンパラアドベンチャー ヒランヤの謎

ヤンパラアドベンチャー ヒランヤの謎

『ヤンパラアドベンチャー ヒランヤの謎』は1986年にPC88用として、
ポニカから発売されました。

ゲームジャンル:移動式ADV

hiranya01.jpg

私はプレイしていないのでよく分からないのですが、
「ヤンパラアドベンチャー スタッフ消滅の謎」というのが、
前年に「ログイン」で掲載されていたそうです。
本作はそれの続編的立場にあるみたいですね。

さて、簡単なあらすじから入りますと、
本作は不思議なパワーを持つと言われる「ヒランヤ」の謎を求めて、
冒険へ旅立つといった内容のゲームでした。
もともと「三宅裕司のヤングパラダイス」というラジオ番組があって、
ヒランヤもそこからきたみたいです。
私はラジオも聞かない人間なので、そこら辺もちょっと疎いです。

まぁ、何か前提知識が欠けてばかりなので、
ファンならもっと楽しめたのかな~とか今になって思ったりもしますが、
知らないなら知らないなりにゲームとしても新鮮ではありました。

というのも、このゲームは、
RPGのようにマップを直接移動するタイプのADVだったんです。
国内では『同級生』あたりで認知度が一気に高まりましたが、
直接移動式のADVの最古の作品としては、
85年の『King's Quest』があります。
でも、英語のゲームでまだ国内では発売されてなかったですからね。
国産のゲームでしかも市販の物となると、
こういう形式のゲームはそれ以前にあったのかな…?
ディスクの『消えたプリンセス』も同じ年ですが、
あっちは12月でこっちは4月なので、
とりあえず私が知る中ではこれが一番古いのかもしれません。

こういうことって人によってはどうでも良いのでしょうが、
私は普段は結構こだわるタイプなのでしょう。
ただ、このシステム単体に関してはさほど意義を見出せなかったので、
あまり関心が持てなかったんですよね。
もともとRPGでは当たり前のことですし、
それをADVで用いたからってそれがどうしたの?って感じで。

このシステムは何かしらの意図があるとか、
他のシステムと組み合わさることで飛躍的に面白くなるのだと思います。
例えば後の名作『同級生』なんかにしても、
実に多くのいろんなシステムが組み合わさっています。
ゲーム内で出来ることも多かったですしね。

他にもRPGの場合は敵が出てきますから、
移動にも緊張感があって楽しむことが出来ます。
でも、RPGの戦闘をなくして、他に何もなかったら、
残るのは何の意味も無い移動だけです。
それだったらコマンドで「移動」「どこそこ」と選び一瞬で移動した方が、
よっぽど楽で良いわけです。
最近のRPGでも買い物のために、
だだっ広い街の中を何度も歩かされる物もあります。
私はあれが苦痛で仕方ないのですが、
それと同じような感じですね。

本作はADVとしては私の好きな珍しいタイプでしょうし、
新鮮な感覚で楽しめはしたのですが、
それ以上に面倒臭いって感じてしまったのも確かでして。
言うなれば、オリジナリティはあるけど、
クオリティが伴ってなかったってところなんでしょうね。
たぶん、合わない人も結構いると思うわけで、
基本的に叩かれやすいタイプのゲームだと思います。
なので内容的には凡作クラスなのかもしれませんが、
一応見るべき点はあったということで、
それを最大限に評価して佳作としておきたいと思います。

ランク:C-(佳作)

関連するタグ PC88 /ADV /移動式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1986」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/179-e6e644ff
| ホームへ戻る |