『ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記』

『ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記』

『ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記』は2001年にPS用として、
エンターブレインから発売されました。

大傑作『ファイアーエムブレム』の製作者が独立し作った作品でした。

ティアリングサーガ

この作品に関しては、発売前から法廷でいろいろ揉めたりしてましたからね。
様々な形で注目もされていましたが、
初代FEが好きだった私にしても期待していた作品でした。
だから私にしては珍しく、発売前に体験版もプレイしましたし。
いや、これが聖戦の次の年とかだったら、
もうFE系はいいやって興味が沸かなかったのでしょうが、
少し期間を置いた上に新しい作品として出てくるので、
それで期待が高まった感じですね。

さて、ジャンルについては言うまでもなくS・RPGです。
噛み砕いて言えばタクティカルコンバットシステムのSLGに、
育成の要素が付いたものとなりますね。

出来自体については、無難に纏まった作品ではあったのでしょう。
これぞS・RPGって感じで、安心して遊べましたしね。
致命的な欠点から点数を引いていく減点法ならば、
かなりの高得点になるのではないでしょうか。

ただ正直なところ、私的にはイマイチでした。
SRPGとしてはそつなく纏まっていると思うし、遊び応えも十分なのでしょう。
しかし結局はFEのマイナーチェンジでしかなく、
FEをやった上であえて本作をやる必要性を感じなかったものですから。
っていうか、あまりの変わりのなさに失望の方が大きかったのかな。

これという、本作ならではの何かが伝わってこなかったのですよ。
プレイしてるときはそれなりに楽しいのですが、
プレイし終わると全然記憶に残らないのです。

また、2001年はPS2のゲームも発売され始めていて、
その中には次世代機ならではっていう作品もありました。
旧態依然とした古臭い作品ではなく、
新しい何かを提供した作品の方が名作には相応しいと思うんですよね。

本作はPS2の前のPSどころか、何かSFCでも可能じゃないかって思えるくらい、
妙に古臭く感じられてしまったわけでして。

変わらぬ良さを尊重するなら賞賛に値する内容だったかもしれませんが、
その作品の本質は維持しつつも、そこに新たな変化も求めてしまう、
私みたいなタイプには相性の悪い作品だったのでしょうね。

ランク:C(佳作)

ティアリングサーガ



関連するタグ PS /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1785-b8c8ca23
| ホームへ戻る |