『トロピコ  (Tropico)』

『トロピコ  (Tropico)』

『トロピコ』 (Tropico)は2001年にWIN用として発売されました。

PopTop Software社から発売されたミニスケープの、
日本語移植版になります。

トロピコ

2001年の12月に発売されたのですが、一時期絶版になっていたようで。
2009年に再販されたみたいなので、今ならそれが入手しやすいのでしょうか。

今はPCで新作のSLGも数が少なくなってきているのですが、
2001年末から2002年頭の1・2ヶ月でCIV4にトロピコにキャピタリズム2と、
目玉となる経営SLG・ミニスケープが多く、
どれからプレイしようと非常に悩んだものです。

また年間を通じても経営SLGやミニスケープは多かったですからね、
今となっては贅沢な時期だったのかなと。
そんなジャンル的には豊富だった時期に発売された『トロピコ』ですが、
世間一般的には最も盛り上がった作品の1つではないでしょうか。

「ビバ・プレジデンテ!(プレジデンテは大統領の意)』ということで、
舞台となるのは南国カリブの島国です。
プレイヤーはそこで大統領になり、島の治世を行うことになります。
基本は箱庭ゲーム(ミニスケープ)なのですが、
大きな特徴が2つありました。

一つは南国を舞台にした世界観ですね。
世界観や雰囲気の感じ方は人それぞれなので、
もしかしたら私だけかという心配も生じますが、
あの世界観が良いって人も多かったので、
多くの人に支持されたということなのでしょうね。
箱庭系の作品もいろんな種類が出ていますが、
こういうのは中々ないだけに、一つの特徴と言えるのでしょう。

それと、『トロピコ』は大統領として国を統治しますので、
経営SLGとか箱庭系のSLGとしての側面だけでなく、
政治SLGないし政治シミュレーターとしての側面も有していました。
街の発展は当然しなければならないのだけれど、
選挙で負けて地位を失えばそれまでですからね。
設定された期間までに如何に自分の地位を守りきるかという作品でもありました。

ミニスケープや経営SLGも決して数が多いとは言えないまでも、
それなりにはいろいろとあります。
でも、政治SLGとしての方向性も有した作品となると、
その数は激減してしまいます。
政治SLG自体の数が非常に少ないだけに、
なおかつ普通以上に楽しめるとなると、
本当にオンリーワン的な魅力が生じてきます。

続編の2は雰囲気が異なる作品になっていますし、
3は初代を3Dにリメイクという位置付けにあります。
最新作の4は3の改良版らしいですね。
3と4は未プレイでよくわからないのですが、
評判が良さそうなら最新作でも構わないと思います。
でもちょっと怪しげであれば、この初代に挑戦しても良いのではないでしょうか。
初代は少なくともこの手が好きな人であれば、
プレイして絶対に損をしない作品だと思いますね。

ランク:A(名作)

トロピコ



関連するタグ 


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1783-4ff78059
| ホームへ戻る |