『世界ノ全テ』

『世界ノ全テ』

『世界ノ全テ』は2002年にWIN用として、
たまソフトから発売されました。

当時の関西弁の女子キャラブームの一端を担った作品ですね。

世界ノ全テノ全テ

ストーリーとしては青臭い青春路線のノベルゲームで、
いわゆる鬱ゲーとなるのでしょうか。

この当時はこういう路線が多かったですね。
ヘタレ主人公であるとか、鬱系であるとか。
良く言えば流行に乗った時代を象徴する作品となるだろうし、
悪く言えば2番煎じにも感じられてしまうと。

もっとも、似たような作品が周りに多い中にあっては、
その中ではわりと評判は良かった方だと思いますし、
この当時のこの系統の作品を求めているならば、
やってみて損のない作品なのでしょうね。

ただこういうラノベ的な青臭い話は、
はたしてアダルトゲームに適しているかとの疑問は残ってしまいます。
10代の半ば頃にコンシューマーのギャルゲとして出会っていたら、
或いははまっていたかもしれませんけどね。

まぁそれはそれで構わないとしても、
基本的にごく普通のストーリーだよなと思うわけで。
当時から智子ルートだけ別格と言われていましたが、
逆から言えばそれ以外のルートは物足りないわけで。
私は気に入ったルートが1本あればそれでも満足できちゃうのだけれど、
フルコンプしなければ満足できない、
そして全てのルートで一定の満足を得られないと駄目という人だと、
ちょっとコスパが悪く感じてしまうかもしれません。
その意味では、若干人を選んでしまうのかなと思ったりも。

サウンドはやや良かったものの、
その分、グラフィックの物足りなさは残りますし、
システム面も含めて如何にもこの頃の作品っぽい作品だったよなと、
あらためてそう思いますね。
シナリオの良い作品を求めて手を出してみたものの、
他とは違う何かを求める私とは基本的に相性の悪い作品だったように思います。
今と違って、あの頃は片っ端から手を出していたからなぁ・・・
まぁそれでも智子ルートだけで元は取れたと思いますので、
総合でも佳作ってところでしょうか。

あと、同じ年にリメイク作品を出すなよと。
その時点で最初のは未完成品だと言っているようなものですから、
ちょっと制作姿勢には疑問を持ってしまいました。
なので普通に楽しめる、決して悪い作品ではないものの、
全体的にあまり印象の良くない作品でもありましたね。
まぁ今は更なるリメイクの『世界ノ全テノ全テ』が出ていますので、
何も知らないで今からそれをプレイした人が一番幸せなのかもしれません。

ランク:C-(佳作)

世界ノ全テノ全テ



関連するタグ WIN /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1778-4e73d302
| ホームへ戻る |