『JOKERII』

『JOKERII』

『JOKER2』は1992年にPC-98用として、
バーディソフトから発売されました。

西部劇風な世界観のJOKERシリーズの第2弾ですね。

joker2.jpg

<概要>


まず、今作は連れ去られた幼馴染を救おうということで、
前作の直接の続編になります。
なので、プレイをするには必ず前作をプレイしておくべきでしょう。

因みに、TOWNS版には初代と本作がカップリングされていましたので、
コスパ的にもお得な内容となっていました。

<感想>


さて、前作の続きということで、
大まかな傾向は前作と同じになります。
システムは普通のコマンド選択式のADVで、
西部劇と伝奇を組み合わせたような世界観ですね。

当時のバーディソフトと言うこともあり、
グラフィックは相変わらずとても良かったですし、
何より原画である林家ぱーさんの描くキャラが可愛く、
長所も共通していると言えるでしょう。

なので前作でグラフィックやキャラ、
或いは世界観という長所に惹かれた人ならば、
基本的に本作も楽しめように思います。
まずは初代をやらなければ話にならないのですが、
続きが気になるというのであればプレイして損はないのでしょう。

問題は、前作のマイナス面ですね。
前作の最大の弱点は途中で終わることと、
ボリュームの少なさにありました。
今作は完結編なのできちんと終わりますから、
未完という問題はありません。
ボリュームは相変わらずそんなにないですね。
前作よりは増えているので少しは改善されたのですが、
やっぱり小粒という印象はぬぐえないのかなと。
まぁこの時期はボリュームの少ないゲームが多かったから、
相対的にはそんなでもないのですけどね。

そこら辺は一応改善されたのかなとは思えるのですが、
ストーリーは完結するもののやや強引な感じもあったわけで、
キャラに入り込めない人はストーリーのマイナス面の方が気になったかも。
個人的な感想を言わせてもらえば、
ラストで主人公とヒロインが分かれてしまうのですが、
ハッピー好きだったプレイ時はそこが好きになれませんでした。
もちろんそれは個人の感想でしかないし、
今となっては種族の違いによる必然的なものだったのかなとも思えるわけで。
もし時間があるならば、
いつかゆっくりとその辺を確認してみたいなと思います。

<総合>


総じて、前作が好きな人はまた楽しめるだろうけれど、
いろいろ不満があった人には、
その粗の方が目立って見えた作品といったところでしょうか。
そういう意味では、賛否分かれやすかったのかな。
何か漠然とした雰囲気は好きなのだけど、
ツッコミどころは多かった作品かもしれませんね。
まぁ釈然としないところはあったけど、
西部劇風のゲームって少なかったですからね。
それを美少女を用いてやろうってわけですから尚珍しいし、
絵と雰囲気は好きなシリーズでしたね。

ランク:B-(良作)

ジョーカー2



関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

大変懐かしい作品の紹介文を拝見させて頂きましたm(_ _)m

JOKER。それは、発売時期を20年くらい間違えて発売された、早すぎたゲーム……。
いや、このゲームは大好きでした。
PC98版で1,2と買って、態々タウンズ版も買いましたね(笑)

何処が好きだったかと言われれば、バックストーリーとキャラクター(爆)
1,2、タウンズ版、それの説明書だったか忘れたのですが、神父とワイルドの父(ブリードだったか?)がブランカの妹、ヒルデガルドと出会い、戦闘後見逃すストーリーが書いてあったんですよね。
チラチラと彼女たちの父、バンデンバーグ伯の設定も書いてあって、神祖だから吸血鬼が苦手な物が一切きかないとか、妙に迫力のある設定が書いてあった記憶があります。
未だに私の中じゃ、吸血鬼の開祖はヴラドさんでも月姫のキャラでもなくバンデンバーグさんです(笑)
兎に角、主人公ワイルドとラウラが霞むほどバックストーリーのキャラが良く、魔女さん(名前忘れた)、ヒルデガルド、エイデルガルド(ブランカ)、神父、そしてスペード・クィーン。
彼ら彼女らが魅力的でした。
ラウラなんて最後に、魔女さんをスペードクィーンが、ヒルデガルドをブランカが押さえてる間に突然ワイルドと変な呪文唱えて不意打ちしただけだし!(爆)
ああ、ブランカ姉妹。
姉妹戦闘の左右対称な目と爪がすごいいいよ!
スペードクィーンの、切り札(JOKER)を切った後には自分(スペードクィーン)が控えている理論もかっこよかった。

最後に、自分を生け贄にしろとヒルデガルドに言いつつ、ブリードと呟いて死んだ魔女さんの心中や如何に……。

エンディングも、ワイルドとブランカの別れで終わるなど妙に、なんとも言えないエンディングでしたが、BGMのブレイズブラッドブランカも良かったですね。

『貴方が死んでも私が覚えている』
 ああ、ブランカさん……。

平成の世で出れば、オリジナルストーリー挟んで漫画化したんじゃ無いかとさえ思う。
そして……

ラウラいらねぇ!(涙)

いや、懐かしい作品を思い出させて下さいまして、感謝です。

90年代前半のアダルトゲームに対し、知りもしないのにストーリーで楽しめる作品はなかったという人たちがいて、それに私は凄く抵抗があるのだけれど、この時期にも良い作品がいくつもあったのだと伝わるコメントで、ありがとうございました。
まぁ、本当は私がきちんと書けよということでもあるのですが、時期により忙しさの関係もあって記事にムラがあるもので、ここは反省ですね。
本文中にも少し書いていますが、この作品、再評価すればアップするでしょうし、いつか書き直したいものです。

> JOKER。それは、発売時期を20年くらい間違えて発売された、早すぎたゲーム……。

これはホントそうですね。
少なくとも、もう数年遅く発売されて、90年代後半にWINゲーとして発売されていれば、結構評判になっていたと思います。
ベストのタイミングはCSでワイルドアームズとかが出た後で、『月姫』の少し前くらいで、99年くらいでしょうかね。
20年遅く発売されていれば、アニメ化とかもされていたかもしれませんね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1774-26c3e2df
| ホームへ戻る |