地獄の練習問題

地獄の練習問題

『地獄の練習問題』は1984年にPC-88用として、
ハミングバードソフトから発売されました。

ADVに再プレイの必要性を示した意欲作。

ゲームジャンル:コマンド入力式ADV

jigokuno01.png

ADVは1回解いたら終わりって意見も聞きますが、
確かにそういう側面が否定できない作品も多いでしょう。
でも、その解き方を採点されたとしたら、
一生懸命考えてクリアしてそれでお前はこの程度だと提示されたとしたら、
やっぱりちょっと悔しいと思いませんか?
今度はもっと良い成績をとってやろうと、
再挑戦したくなるのが人ってものです。
そこを上手くついたのが、このゲームだったのです。

本作は、基本的にはコマンド入力式のADVです。
ただ、最後でそれまでの行動内容によって点数が表示されるのです。
確か、一応60点以上でクリアだったはずなので、
単にクリアだけなら難しくはなかったはずです。
でも、100点を目指すとなると結構きつかった様に思います。

この点数で表示されるという発想は非常に良かったですね。
恋愛系のADVには不要なシステムだとは思いますが、
推理物とか自分で考えることを試される系統のADVには、
これは非常に効果的だと思います。
実際、後の推理ゲームとかでも、
時々採用されているケースがありますしね。

このゲームの価値の大半は、その点に集約される気がします。
点数表示はリプレイの必要性を見出しただけでなく、
人により展開が変わりうるという事で、
マルチエンドやマルチストーリーのきっかけにもなりえたでしょうし。
ADVの可能性を開いた作品として、
非常に意味のあった作品だったのではないでしょうか。

さて、システム面は良いとして、問題は中身です。
まず、『地獄の練習問題』というネーミングセンスが良いですね。

内容は、主人公は倍率873倍という、
天国の上級天使選考試験に挑む下級天使で、
試験内容は地獄めぐりの実技試験となります。
ヒトラーやマリリン・モンロー、
ジョン・レノンやクレオパトラ等の有名な死者たちから情報収集をしつつ、
血の池地獄や針の山などを回り出口を目指すのです。

設定的には非常に面白いと思います。
上で点数表示が大きかったとは書きましたが、
つまらない展開で点数だけ表示されても面白くありません。
本作もちょっとシュールなこの世界観があったからこそ、
終始プレイを楽しむことができたのです。

ただ、ちょっと小粒な感じがしましたね。
それと、入力も英語だけだったはずですし、
細かな部分で物足りなさもあったわけでして。
名作であること自体は間違いないですが、
傑作足りえなかったのはそこら辺が理由となります。

今はダウンロード版が楽しめるみたいですが、
あまり見かけないタイプの作品ですからね。
暇つぶしとわりきれば、
案外これからプレイしても楽しめる作品かもしれませんね。

ランク:A-(名作)

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1984」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/177-1c999ba1
| ホームへ戻る |