『煩悩予備校3』

『煩悩予備校3』

『煩悩予備校3』は1992年にPC98用として、
ソフトウェアぱせりから発売されました。

PC98時代にはクイズゲームもそれなりにあったようにも思いますが、
その中で私がすぐに思いつくのがこのシリーズですね。

bonno301.jpg

<概要>


初代は5ジャンルで2000問、2は4ジャンルで2500問。
問題数も多いですが、中身がとにかくマニアックだったわけでして。
難問珍問揃いで、クリアするのが非常に困難でした。

ってか、これを初回時に普通にクリアできる人っていたのでしょうか?
私にはとても無理ですよ。

<感想>


さて、本作はシリーズ3作目となるわけですが、
若干これまでのシリーズから変更されています。

まず、クイズバトルの間にちょっとしたストーリーモードが加わりました。
クイズにしか興味のない人には不要だったかもしれませんが、
CGを見る際にどういう子が脱ぐのかってのは、結構大きいと思います。
そういう意味では、これは良かったんじゃないかと思いますね。

また、クイズ形式もこれまでの普通の4択から変更されました。
基本は時間制限ありの○×式で、
これだけなら簡略化されたとなるのですが、
面白いのは自信度によるファジー入力とノルマ制の存在ですね。

つまり、自信があれば○×で答えれば良いのですが、
自信がない場合には60%のみたいな答え方も出来るのです。
画面右にバーがあってこれを満たせばクリアなのですが、
100%のに比べて40%のならバーの伸びも4割しかありません。
でも、間違えた場合には減少幅も4割で済むわけです。
クイズの正誤だけでなく賭けのような要素も加わり、
プレイヤーの選択の幅が増えたといえるでしょう。
もちろん問題数は限られていますので、
そういう面からの駆け引きも大事になってきます。

総じて、難易度は下げつつもゲーム性は上昇し、
システム面は非常に良くなったと言えるでしょうね。

まぁ、そうは言っても、やっぱり問題は難しいですからね。
前作よりマシなだけで、相当苦労はするかと思います。

加えて、本作はCGもとても綺麗になりました。
キャラも可愛いですし、プレイ意欲も沸くってものです。

プレイヤーのことを考えた正統進化系といった感じのクイズゲームで、
名作とまでは言えなくても、
それなりに良質な作品だったとは言えるのではないでしょうか。

ランク:C(佳作)

煩悩予備校3



関連するタグ PC98 /クイズ /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1768-270dd812
| ホームへ戻る |