『シェンムー2』

『シェンムー2』

『シェンムー2』は2001年にDC用として、
セガから発売されました。

ジャンル:移動式ADV

その名の通り、シェンムーの続編ですね。
ストーリーだけを追うというゲームでもないので、
この作品からでも楽しめちゃう気もしますけど、
一応直接の続編でもありますから、
出来る限り前作からのプレイをオススメします。

前作は制作費70億という点でも話題になった作品ですが、
今回は確か20億。
うん、大分減っていますね。
この金額だけ見ると不安にもなってきますが、
20億だって他所から見れば別格な金額なわけでして。
金額は減ってもその分だけ技術は進化していますから、
年相応に着実に進化してきましたね。

そういうわけで、正当進化系というのが端的な表現なのでしょう。
3Dで構築された世界もキャラも元から綺麗だったのですが、
本作では更に綺麗になっています。

自由に移動しまわって、脇道にそれながら楽しむゲームの方向性も同じで、
そういう意味ではインパクトは下がってしまいましたかね。
でも、前作ではそれ以上に操作性など、
いろいろと不便な点の方が多かったわけで、
どっちかと言うとゲーム部分には不満の方が多かったように思います。

本作は確かにインパクトは薄れたかもしれませんが、
誘導があったり随所で改善が図られていましたし、
本来なら独自性優先な私であっても、
独自性と完成度をはかりにかけた場合の満足度は今回の方が上なのかなと。

そういう意味では前作は豪華なイロモノという雰囲気は拭えなかったものの、
今回は比較的万人向けになった感じなのでしょうね。
前作は自分は好きだけど人には薦めにくいって感じだったのだけど、
ようやくこれ凄いからやってみてと言える感じになったのかなと。

総合でも、十分名作と言って良いでしょう。
これだけのグラフィックがあればそれだけで圧倒されてしまいますから。
長所はそのままに欠点が減った形なので、
総合でも満足度は上昇しましたしね。
持ってて良かったドリームキャストってところでしょうか。
本当は完結してくれれば良かったのですが、
そこは仕方ないから3に期待ってところでしょうね。
でなそうだけど・・・

ランク:A-(名作)

シェンムー2
シェンムー2 AMAZONで詳細を見る


シェンムー2 初回



関連するタグ ドリームキャスト /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1764-61b73df4
| ホームへ戻る |