『”Hello,world.”』

『”Hello,world.”』

『”Hello,world.”』は2002年にWIN用として、
ニトロプラスから発売されました。

ヴェドゴニアをやって、それ自体は面白かったのですが、
でもニトロのゲームはしばらくはいいかな~って思っていたので、
当初はスルー予定だったのですが・・・

Hello,world.

しかし、ニトロとしては虚淵さん以外の作品で、
しかもライターが『晴れのちときどき胸さわぎ』にも関わっていたとなると、
これは話がちがってきます。
そういうわけでプレイする気になった作品でしたね。

ジャンルはノベル系のADV。
内容的には近未来を舞台にした学園物です。
ニトロ初の萌えゲーという触れ込みだったはずなのですが、
途中からハードなバイオレンス物にもなり、
終わってみれば最後は燃えゲーになっていたわけで、
やっぱりニトロだねって雰囲気のゲームでした。

まぁ、純粋に萌えだけを追求したゲームを出されるよりは、
個人の好みとしてはこの作りの方が肌に合ったでしょうね。
とは言え、本作は無駄に長すぎました。
途中までは結構楽しかったのですが、
長すぎるために飽きてしまったんですね。
この飽きるという状態の背景には、
設定自体がわりとありふれたものだということもあります。
未知の設定なら長々やられても満足できます。
逆にありふれた設定でもコンパクトにテンポ良く纏めてくれたら、
それはそれで楽しめちゃうものです。
つまり、ありふれた設定を長々やられちゃうというのが拙いのです。
なので私は飽きちゃったわけですが、
逆を返せば馴染みのない人は結構楽しめちゃうわけで、
そういう意味では初心者向けとしては案外いけるのかもしれません。

ただ、後半がやっつけ気味なので、丁寧さは少し欠けるかも。
そういうのが気になる人は注意が必要かもしれませんね。
ライターの個性を出すはずの場面が中途半端なので、
個人的にも印象は良くありませんでした。

プレイ開始して間もなくの印象は悪くなかったし、
素材を上手く調理すれば良作以上は間違いなかったんでしょうけどね。
何でこうなっちゃったんだろ・・・
決して悪くはないのですが、満足したかとなると微妙ですので、
総合でも凡作としておきます。

ランク:D-(凡作)

Hello,world.



関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1760-5c5df12a
| ホームへ戻る |