女子寮パニック

女子寮パニック

『女子寮パニック』は1983年にPC-88用として、
ENIX(エニックス)から発売されました。

ある意味、とても斬新な作品だったように思います。

joshiryo.png

<概要>


内容的には彼女を救うために、女子寮に侵入するというものになります。

本作発売時のアダルトっぽいゲームって、半分は野球拳で、
半分は女子寮とかどっかに進入するものみたいなイメージがあるのですが、
本作もその中の1本になるわけですね。

なので設定的に特別なのはなかったのですが、
その分システムが変わっていました。
ジャンルは後述しますが、リアルタイムで進行するノベルゲームと考えます。

<ゲームデザイン>


joshiryo03.png

これ、見方によってはコマンド選択式のADVになるのだと思います。
でも人によってはノベルゲームみたいに、
選択肢を選ぶゲームに近いものを感じるかもしれません。
そして私は、後者の考えになります。

というのも本作では、その場その場でやれることが、
テンキー(或いはカーソルキー)の4つに割り振られていて、
常に2択から4択の連続でゲームが進行していくのです。
この時期に多かった、コマンドを入力する動作はありません。
また典型的なコマンド選択式にある、汎用コマンドも存在しません。
後期のコマンド選択式は汎用コマンドがなく、
見た目は選択肢と変わらないものもあります。
しかし、それらと違い、本作は同じコマンドを選ぶ必要がありません。
テキストを読みつつ、選択肢を1度読めば進行するので、
構造的にはノベルゲーが一番近いのです。

さて、狭義のゲーム性なのですが、
上記のようにコマンドを入力することなく進行していきますので、
入力の煩わしさといった問題はありません。
またコマンド選択式にありがちな同じコマンド選択するということもないので、
同じ展開を見なくて済みますし、そういう意味では快適に遊べましたね。

バッドエンドをマルチエンドと捉えれば、
感覚的には、ますますノベルゲームっぽく感じられるでしょう。
昔のゲームは今の人には合わないシステムも多く、
特にコマンド選択式などは面倒くさがられる傾向がありますが、
これは案外いけるんじゃないかって思いますね。

本作にはもう一つ特徴があって、ゲームは完全にリアルタイムに進行します。
時間制限があるため、当然ぼやぼやしている暇はなく、
迅速な行動が要求されるのです。
昔のPCは性能がしょぼかったわりには、
意外とリアルタイムのゲームもあったりするわけで、
この辺にも当時のゲームらしさを垣間見ることが出来ますね。

<ストーリー>


joshiryo01.png

内容的にも槙村ただしさんのゲームということで、
いろいろとぶっとんでる面も多いです。
女子寮で何故かオカマとかも出てきますしね。
でも、それが新鮮さやゲーム内の緩急を生み出し、
リアルタイムな進行と相まって楽しさにつながっていったんですよね。
これが83年のゲームというのだから、
驚かざるをえないってものですよね。

<感想・総合>


で、これで自分が付けてた評価によるとA-だそうで…
一瞬馬鹿か自分って思ったけれど、
ポートピアがAなので相対的に下がったのと、
あとやっぱり昔のゲームは、
動作面のトロさでストレスがたまったんですよね。
リアルタイムってのも微妙にネックになってましたし。
今ならリアルタイムのゲームは評価されるでしょうが、
当時のマシン性能でリアルタイムになられても、
大抵の場合はマイナスにしか作用しないですから。
本作は動きはもっさりしていたので、ストレスは溜まりやすかったのです。

発想は良かったのだけれど、
マシンや時代がまだついていってなかったのでしょう。
この時期のゲームはこうだと先入観で思い込んでいる人ほど、
こんなゲームもあったのかと驚くのではないでしょうか。
こういうのこそリメイクしたら面白そうだったんですけどね。
まぁ、そういうわけで、
エニックス初期の斬新な名作ってところでしょうね。

ランク:A(名作)

関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1983」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |