『クローンドール 課外授業』

『クローンドール 課外授業』

『クローンドール 課外授業』は1995年にPC98用として、
スペースプロジェクトから発売されました。

原画:横田守
シナリオ:嘘屋佐々木酒人

cdoll01.jpg

<感想>


こうして改めて振り返ってみると、かなりメンバーが凄いですね。
原画の横田さんは既に有名でしたが、
嘘屋佐々木酒人さんはどうなんだろ。
少なくとも当時の私はライターを気にしていなかったので、
気付きませんでした。
名前を覚えたのはその後の実績の積み重ねによってですし。

原画が横田守さんだったこともあってか、
私の認識では周りの話題性はかなり高かったように思います。
それで面白いのかと思い込んで購入した作品でした。

さて、ゲームの大まかなあらすじとしては、
主人公がある日自分の好きな女の子のクローン人形を手に入れます。
見た目とかはその子と全く同じなのですが、
生まれたてのクローンで何も知らないことから、
主人公が日々Hな行為を繰り返して自分色に染め上げていくのです。
端的に言えば、調教ADVですね。

設定部分は少し前の『ピュアマイドール』と重なるところも多いのですが、
日々Hを繰り返す辺りは『あゆみちゃん物語』とか、
その手の調教ADVに近いものがありました。

システム的には調教する部位をマウスでクリックし、
その場所に何をするのかは個別の選択肢が表示されていましたが、
基本は繰り返しということもあり、
汎用メニューを用いないタイプのコマンド選択式ADVとなるのでしょう。

まぁ、こういうシチュはおそらく誰しも想像したことがあるはずで、
ある意味男のロマンなのかもしれません。
これはこれで上手く作れば化けそうな気もするんですけどね。

残念ながらそううまくもいかないわけで、
まずは肝心の調教部分が単純かつ単調で、次第に飽きてしまいました。

また刈上げメガネの主人公が妙にきもく、
あまり感情移入しにくいタイプでもありました。

さらにこの頃の横田さんの絵は素晴らしいものも多かったのですが、
本作に限って言えばあまり出来が良くありませんでした。

ということで、あまり個人的な印象は良くなかったりします。
自分の肌にはあまり合わなかったのだけれど、
当時話題性の高かった有名な作品の1つといった感じですね。

95年はこうしたヴァーチャル関係の作品が比較的目だった感じですが、
何でだったんでしょうね。
何となく理由は想像できますが、どっか説得的に解釈しているものがあれば、
一度読んでみたいように思いますね。

ランク:C-(佳作)

クローンドール 課外授業

3.5インチソフトクローンドール課外授業

関連するタグ PC98 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1750-1a7f6966
| ホームへ戻る |