『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』

『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』

『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』は1996年にSFC用として、
任天堂から発売されました。

シミュレーションRPGの傑作中の傑作、『ファイアーエムブレム』。
2作目は外伝で、3作目はリメイク。
そういう意味では、ようやく出た正統な後継作ってところでしょうか。

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

正統な後継作なだけあって、
ほぼ全ての面でスケールがアップして帰ってきました。

さて、そうなると初代の大ファンとしては期待もしたくなるものですが、
残念ながら少々思惑が外れてしまいました。

マップは大きくなり、様々なスキルも増えました。
これには確かに、スケールアップという言葉が当てはまるでしょう。
だから好きな人がいるのも納得はできるんですけどね。

でも、スキルの導入により格差が広がり、
マップの大きさも相まって全体的に大味になったように感じました。
大雑把で量だけが増えたように感じたんですね。
大味でもそれが豪快さにつながるケースもあるのですが、
FEは緻密でシビアなゲーム性がうりだと思っていただけに、
何だか違和感も感じてしまいました。

新機軸として据えられた恋愛要素も、
そういうのを求めるならADVでもやった方が面白いですし。
何でもなんでも恋愛を入れれば良いってものでもないのですよ。

ストーリー面も良くはありましたが、
SFCでも『タクティクスオウガ』など他でもっと良い物が出てきているので、
格別優れているとも思えませんでしたし。

また、この頃には次世代機も既に発売されていましたが、
次世代機らしい名作も96年には出始めています。
当然グラフィック等もそれらの作品より見劣りもします。

結局、私にはこの作品ならではの面白さが、
イマイチ伝わってきませんでした。
周りでははまっている友人もいましたが、
そういう人に限ってPSもSSも持っていなかったですからね。
FEとしての面白さは「紋章の謎」までに出きっているし、
だったら「紋章の謎」までで十分だよなって感じだったんですね。

期待の大きさの反動からか少し辛口になりましたが、
基本的に良く出来ている点は疑う余地がありません。
これに完全に駄目だしする人はいないと思うし、
間違いなく良作だとは思います。
良作ではあるんだけれど、それ以上に名作と言い切る何かが、
もう1つ足りなかったということなんですね。
まぁ普段なら良作でも高い方ですし、
いや~良い作品に出会えたって感じで説明するのですが、
なまじ初代が好きだっただけに、
最早特別でなくなったFEに少し寂しさも感じたものでした。

ランク:B(良作)

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜



関連するタグ SFC /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1735-2427c68b
| ホームへ戻る |