『鬼門妖異譚』

『鬼門妖異譚』

『鬼門妖異譚』は2000年にWIN用として、
ちぇりーそふとから発売されました。

ジャンルはいわゆるシミュレーションRPGと言いますか、
タクティカルコンバットによる戦闘パートとADVから成り立っていました。

鬼門妖異譚+DOUBLE

ストーリーは伝奇物で、鬼を題材として扱っています。
今でこそ伝奇系の作品も吐いて捨てるほどあり、
そういう設定ってだけでまたかよってうんざりしてくるのですが、
この当時はまだ例の同人のアレの前ですし、
あまり見かけなかったように思います。
いや、伝奇作品自体は既に増えつつありましたが、
まだそれほど多いってほどでもなかったですしね。
ましてやS・RPGで伝奇物となると、尚のこと数は少ないです。
なので、比較的新鮮な気持ちでプレイすることができました。

ただ、その新鮮さのおかげでそれなりに楽しめはしましたが、
ストーリーそのものの出来はそれほどでもなかったように思います。
悪くもないのですが、つまりは普通ってとこですね。

他方の戦闘パートはもう少し低めでしょうか。
致命的に悪いわけではないのですが、
特にひかれる要素もありませんし、面白いものでもありませんでした。
ん~ハッキリ言って、なくても良かったかもしれません。
普段SRPGをやらない人ならまだしも、
普段から好きな人は特に物足りなく感じるかと思います。

じゃあ何が良かったのかというと、やっぱり絵でしょうね。
原画のあきらさんの描くキャラは可愛いだけでなく、
とても繊細だったわけでして。
こういう路線は他にいないよなってことで、
この当時のとてもお気に入りの原画さんでした。
ぶっちゃけ完全な絵買いでもありましたし。
本作もその点では良かったと思いますので、
一応は満足できたかなってところでしょうか。

総合では絵のプラス分とゲーム部分のマイナス分で差し引きゼロ、
他はどれも並の及第点レベルってことで佳作と判断しておきます。
グラフィックに何の魅力も感じられない人には全く薦めませんが、
この絵がすきなら適度に遊べる作品でもありますので、
楽しめる確率は高くなるように思いますね。

ランク:C-(佳作)

鬼門妖異譚+DOUBLE


関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1730-02053b07
| ホームへ戻る |