ヤンヅマ心春 ~お前の嫁は俺のモノ~

ヤンヅマ心春 ~お前の嫁は俺のモノ~

『ヤンヅマ心春 ~お前の嫁は俺のモノ~』は2009年にWIN用として、
煩悩本舗から発売された同人ゲームです。

ジャンルはノベル系のADVなのですが、選択肢はありません。

furifure

内容的には寝取られ(NTR)物になっていて、
主人公の妻が寝取られる形になります。
ただ問題はこの妻で、紙屑みたいな貞操観しか持っていません。
最初からHな写真撮影に乗り気だし、
後はそのままエスカレートするだけだし。
ボリュームのない同人ということですぐに進行することも相まって、
本当に軽い女に見えたわけです。
そのくせ主人の態度がよそよそしいと、媚びてみせたりしますしね。
その辺は現実的といえば現実的でよくできてるのかもしれませんが、
ゲーム的にはあまり魅力を感じるヒロインではないですね。
まぁ、頭のゆるいキャラが犯られるべくして犯られたわけで、
そういうのが好きならツボにはまる可能性はあるでしょうけど。

貞操観が強く最初は激しく抵抗していたのに、
次第に快楽に溺れていかされるみたいなのを期待する人は、
このゲームには向いてないでしょうね。
逆にビッチ上等、エロけりゃOKよってな人ならいけると思います。

問題は主人公の方にもあって、途中で妻の不倫に気付くわけですね。
で、他人に犯される妻に興奮して、自分も加担しだすわけです。
つまり、途中から寝取らせっぽくなっているのですよ。
NTRともNTLとも違って、これはこれで特殊な性癖ですので、
ここでも合う合わないが出てくるかもしれません。

ここまでが前半なのですが、物語は2部構成になっていて、
後半は調教希望のマゾ妻やその息子(つまりはショタ)が出てきます。
マゾ妻のHシーンや主人公とショタのHシーンが加わるわけで、
何だか混沌としてきます。
ボリュームのないゲームなんだから、
要素は絞った方が良いようにも思うんですけどね。
それと、ショタとのHがありますので、
BL的な展開は勘弁って人は一応注意しておくべきかと思います。

ボリュームのわりに中途半端にいろんな要素が取り入れられてしまったので、
個々の要素を目的とした場合には物足りなくなってしまうでしょう。
そういう意味では何がしたかったのかと思ってしまいかねません。

しかし、じゃあゲームとして駄目なのかというと、
必ずしもそうでないわけでして。
つまり、このゲームは主人公の行動を楽しむゲームだと思うのですよ。
妻が寝取られて、それに興奮してしまう姿は狂っているわけです。
主人公は終始狂っているわけですが、
その方向性が次第に変わっていきます。
最初は妻が犯される姿に興奮しているわけですが、
次第にその妻に見切りをつけ、
自分はショタな可愛い男の子とのHにはまっていきます。
現実を把握した上で、自分の新たな幸せを見つけたわけですね。
人として共感したくはないですが、
これはこれで一貫性はあると思うわけで、
それだからこそ混沌としているわりに1本筋が通って見えるのです。
最低だけどどこか素敵な主人公。
それがこの作品の肝なんだと思いますね。

絵も微妙に変で個々の部分には難は多いものの、
それなりに纏まっていますので、
総合的には佳作ってところでしょうか。
たぶん、合わない人の方が多いような気もしますが、
合う人にはかなりツボにはまってくるタイプのゲームかもしれません。
そういう意味では、いかにも同人らしい作品と言えるでしょうね。

ランク:C-(佳作)

furifure


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/173-b251c948
| ホームへ戻る |