『ヴェインドリーム2』

『ヴェインドリーム2』

『ヴェインドリーム2』は1992年にPC98用として、
グローディアから発売されました。

マイナーながらも熱烈なファンも多いシリーズの第2弾です。

vein201.jpg

<感想>


2とありますが直接の続編ではないので、
前作を知らなくても特に問題はないですね。

そういうわけでストーリーやキャラは全然つながりはないのですが、
システム面では初代を踏襲しています。

具体的にはシンボルエンカウントで、
戦闘中はプレイヤーは主人公のみを扱い、他はAIで動きます。

グローディアこれまでにもRPGを作り続けており、
エメラルドドラゴンから少しずつマイナーチェンジされてきています。
良く言えば、後発になるにつれ洗練されてきましたからね。
システム的な完成度は一番高かったのではないでしょうか。
グローディアのシステムが好きだった人は当然楽しめますし、
逆にこれまでのには不満があった人も、
ヴェイン2くらいになれば不満なく楽しめるようになったのではないかなと。

もっとも、いつものことではありますが、
私はあまり完成度云々って点は重視しないわけで、
インパクトが薄れた分とでプラスマイナスゼロくらいにしか思ってません。
良く言えば洗練・熟成なのだけれども、
悪く言えば前と大して変わらないともなりえますから。
だからこれだけだったら良作止まりなんですけどね。

ヴェインドリーム2はこれまた初代の傾向を受け継ぎ、
グラフィックが非常に良かったわけでして。
その分のプラスで総合的にも名作って感じなんですよね。

ヴェインドリーム2はストーリー重視のRPGなのですが、
このグラフィックの良さが活きたことで、
よりストーリーに感情移入できたのだと思います。

<総合>


まぁ、ストーリー本筋は冷静に振り返ると、
それ程群を抜いていたわけでもないのですが、
本作は何気に敵役とかが良い味を出していたわけでして。
そういうの全部ひっくるめて、とても面白い作品でした。

ランク:A-(名作)

ヴェインドリーム2



関連するタグ PC98 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1729-68c3bac1
| ホームへ戻る |