『Bible Black ~La noche de walpurgis~』

『Bible Black ~La noche de walpurgis~』

『Bible Black ~La noche de walpurgis~』は2000年にWIN用として、
Active(アクティブ)から発売されました。

エロさで話題性の高かった作品ですね。

Bible Black

アクティブと言えば聖少女さんの絵が特徴なわけで、
その聖少女さんの手がけた作品の中でも、
この『Bible Black』か『DISCIPLINE』がおそらく一般的な代表作になるのでしょうか。

抜きゲー、オカズゲー、名称は何でも構わないのですが、
この頃のこの手の分野では必ず名前の出てくるゲームでしたし。

だから私の感じ方が少し当時の主流の好みと異なっていたということなのでしょうが、
ちょっとがたいがよすぎてね、
それが災いしていまいちはまれませんでした。

個人的には『Angel Halo』の頃の絵が好きだし、あの頃がベストだと思うのですが、
まぁ、世間の評判からすれば、
この点に関しては私が少数派なのかもしれません。
・・・でも、皆、本当にこのがたいが良かったのかな~
頭身が高めの作品は全般的に好きなのだけれど、どうにも馴染めなくって。
何だか良く分からんです。

もともとそれ程注目度が高くなかったけど個人的にとても好きだった絵師が、
自分が興味を失った頃に世間で絶賛され始めたということで、
何とも不思議な気持ちでみていたものです。
ゲームそのものに特に思い入れはないのだけれど、
そうした点が妙に印象深いゲームでしたね。

抜きゲーというかHシーンが最大の特徴である作品で、
結局キャラに全く惹かれなかったのは痛かったです。
そのせいか、エロいとも感じられなかったですし。
他にもシナリオは悪魔とか魔術とかそういう路線なのですが、
それほど楽しくもなかったですしね。
総合では元を取れたとは言い切れないので、個人的には凡作としておきます。
ただ、今回は致命的にここが悪いとハッキリ指定できる類のものではなく、
あくまでも私個人の好みの問題であり、つまりは肌に合わなかったと言えるのでしょう。
何より世間一般では評判は良い作品ですからね、
抜き目的で絵に惹かれるのなら買って損のない作品だったのでしょうね。

ランク:D(凡作)

Bible Black


関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

私は、彼がJesúsFrancoに触発されたと思う。

> 私は、彼がJesúsFrancoに触発されたと思う。

なるほど~。私はあまり他者との比較をしないのですが、
共通点などを比較してみるのも面白そうですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1727-c1f83c37
| ホームへ戻る |