『ゼルダの伝説』

『ゼルダの伝説』

『ゼルダの伝説』は1986年にディスクシステム用として、
任天堂から発売されました。

ディスクのローンチタイトルにして、
代表作とも言える傑作中の傑作ソフトでしたね

ゼルダの伝説

ゼルダシリーズは最も有名な作品の1つですし、
初代から基本的なコンセプトにブレがないですからね。
初代は知らないよって人でも、
最近の作品を知っていれば何となく想像できるのではないでしょうか。
まぁ当時はアクションRPGと言われることも多かったのですが、
育成部分は希薄なのでアクションアドベンチャーと考えるのが、
一番良いのかもしれませんけれど。

後のファミコンの進化によってディスクの優位性はすぐに失われたのですが、
ディスク発売当時はファミコンでは不可能なことが一杯できました。
容量の増加によりマップは広大になりましたし、
音源も良くなってサウンドも良かったですし、
面倒なパスワード無しにセーブもできましたしね。

もちろん基礎となるアクション部分や謎解き部分も充実していたわけで、
全ての面で突出した作品でしたね。
私はアクション系は評価対象外としていますが、
仮に点をつけるとしたら10点満点なら10点のような、
それぐらいずば抜けた作品だったと思います。

雑誌で作品紹介を読んでいたときには、
『謎の村雨城』の方が面白そうに見えたものですが、
どうしてここまで違いが出たのだろうって感じですね。

そういうわけでとにかく凄いなこれはと思ったものの、
同時にあぁやっぱり自分にはアクションの才能はないなとも思ったわけで、
とっても難しかったです。
当時の純粋なアクションゲームにはEDがないものがほとんどで、
エンドレスだったんですよね。
だからクリアとかの概念もほとんどなかったのですが、
このゲームにはEDがきっちりとあります。
でも、私の腕では自力クリアは不可能だったのです。

難しいから、自分がクリアできないからクソという人は今でも多いですし、
特にパズル系のADVなんかではよく見かけますよね。
確かに、それはそれで1つの判断方法でもあるのでしょう。
しかし、自分の腕前次第で評価が変わるのは何か違うよなって思うわけで、
それで評価が落とされてしまうのは理不尽にも思います。

だから私の場合はアクション系は評価対象外としているのですが、
アクションだけでなくアクションアドベンチャーもお前の守備範囲外だと、
ある意味引導を渡してきたような作品でもありましたね。
そういう意味では辛い作品でもあったのですが、
それでもやっぱりこのゲーム自体は楽しかったし、
凄かったよなって懐かしくなるんですよね。

ゼルダの伝説



関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1726-f6a35d8b
| ホームへ戻る |