『十六夜の花嫁』

『十六夜の花嫁』

『十六夜の花嫁』は2003年にWIN用として、
ミンクから発売されました。

一般的には花嫁調教SLGと言われることも多いのですが、
字面通りに捉えるとちょっと違和感があるのかなと思うわけでして。

十六夜の花嫁

いわゆる通常の調教SLG好きが求める調教SLGと本作は、
基本的に構造自体が違うでしょう。
難易度こそ高いもののパラメーターの種類は少ないですし、
その変動を楽しむゲームでもないですしね。

ADV+SLGと捉えるか、或いは端的にADVでも良いと思います。
調教コマンドの繰り返しということでコマンド選択式ADVに該当するわけで、
その進行具合を数値によって目安として表示させた、
コマンド選択式の亜種って感じでしょうか。
そう捉えたほうがより正確だと思います。

それと、一般的に調教というと、
陵辱により相手の意思を無視して行うものを連想します。
『十六夜の花嫁』は陵辱的なゲームではないですし、
むしろ淫乱に育成するゲームって捉えたほうが良いのかもしれませんね。
つまりは、「花嫁育成ADV」ってところでしょうか。

細かい点かもしれませんが、結局言いたいのは、
いわゆるSLGではないことと、陵辱目的のゲームではないってことです。
ここを誤解してプレイすると、何だこれはってなりかねないですからね。
『十六夜の花嫁』は花嫁候補を淫乱に変えていく、
その姿を楽しむゲームと考えるのが素直なところなのでしょう。

そういう観点から見た場合、基本的には良いです。
CGもエロくて良好ですしね。
絵が好みで実用性だけを求めるならば、
まず満足できるのではないでしょうか。

ただ、数値ではなくテキストで満足させるゲームのわりに、
ストーリーは少し弱かったように思います。
それと、ゲームシステムもADVとSLGの悪いところが混ざった感じで、
あまり良く感じられなかったわけでして。
CGもそれほど大きなポイントにならなかったこともあり、
個人的には凡作としておきます。
もっともエロさはあると思いますから、
絵が大好きでエロ重視で考える人が佳作以上と言うのならば、
それは説得力があるように思います。

ランク:D(凡作)

DL版
十六夜の花嫁



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1724-793d8bb8
| ホームへ戻る |