『教育実習 ~女子校生マニアックス~』

『教育実習 ~女子校生マニアックス~』

『教育実習 ~女子校生マニアックス~』は1996年にPC98用として、
テトラテックから発売されました。

特大のフィギュアのオマケで話題になった作品でしたね。

kyoikuji01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

内容的には、タイトル通りですね。
主人公が女子校に教育実習に行って、
学校にいる女子高生や女教師とかに次々手を出していくって作品です。

<感想>


本作は、いわゆる抜きゲーであるとか、実用系作品になりますし、
特に変わったシチュエーションもなく、
ボリュームもないということで、
絵が合わなければあえてプレイすべきという内容ではないのでしょう。

まぁ、絵は結構可愛かったんでね、その意味では良かったのですが、
それでもやっぱり物足りなかったですかね。

従って、ゲーム内容だけならあまり注目されなかった作品なのでしょうが、
この作品が話題を呼んでいたのは、別の部分にあります。
すなわち、本作には23cm程という大きなフィギュアがついてきまして、
これが無駄に良くできていました。
って言っても、私はフィギュアに詳しくなかったので、
厳しい人が見たらまた違うのかもしれませんけどね。
でも、今のように完成したフィギュアを普通に買える時代ではなかったですし、
本作における特大フィギュアのインパクトが凄かったことは、
間違いないと言えるのでしょう。

このフィギュアを作るだけでも、お金がかなりかかったでしょうし、
むしろこっちの方が比重が大きいのではとすら思います。
ゲームのオマケにフィギュアがあるのではなく、
フィギュアのオマケにそのキャラ説明の意味でゲームが付属するような、
そんな感じの作品だったんですよね。

私が記憶している中では最も古いフィギュア付きゲームなのですが、
フィギュアはあまり関心のない分野だっただけに、
もしかしたらもっと古いのもあるよって話も出てくるかもしれません。
とりあえず、どれだけ新しくても、
この時点では既にフィギュア付ゲーが存在していたとは言えるのでしょうけどね。

まぁ、当時はフィギュアが主のような構成には抵抗もありましたが、
あれから時代も変わりましたからね。
本屋でもグッズがメインで冊子がオマケ状態の本も一杯ありますし、
そういうのもいつの間にか定着しちゃいました。
私はいまだに薄い冊子には少し抵抗があるのですが、
世間的には十分認知されたように思います。
この流れはゲームにあってもおかしくないわけで、
フィギュアが主でその説明のためのオマケゲームというものも、
今後はもしかしたらもっともっと増えていくのかもしれませんね。
面白いかどうかはさておき、
業界の異なる方向性というのを垣間見たような作品でした。

ランク:C-(佳作)

教育実習



関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1722-a0017b71
| ホームへ戻る |