『ドラゴンフォース』

『ドラゴンフォース』

『ドラゴンフォース』は1996年にSS用として、
セガから発売されました。

特に理由はないのですが、昔から大勢によるバトルが好きなようでして。

ドラゴンフォース

グラフィックはゲームの本質ではないと言う人も多いでしょうが、
でも進化を感じ取れて買って良かったなと思えることは、
素直に喜ばしいように思うわけでして。

『ドラゴンフォース』はいわゆるSRPGで、
国盗り系のSLGにRPG要素を加えたような感じです。
移動はリアルタイムで、これはオウガバトルとかに近いですかね。
ここら辺の基礎システムも変わっていると言えば変わっているのですが、
やっぱり一番の魅力は戦闘にあるのだと思います。

戦闘は『ドラゴンフォース』の最大のウリでもあったのですが、
最大100人対100人による大勢のキャラによるものでした。
画面に大勢のキャラが出てくるという観点でみてみますと、
88年に呉ソフトウェアから発売された、
『シルバーゴースト』や『ファーストクイーン』があります。
あれは本当に衝撃的だったわけで、
それに比べればインパクトではやや劣るんですけどね。

でも、こういう方向性のゲームがあるとは知っていても、
見せ方次第で全然違って見えてくるわけです。
ドラゴンフォースは96年前半に発売されたサターン用のゲームなわけで、
サターンの性能で表現されたバトルは、素直に凄いなと思ったものでした。

私はPS2世代に移ったころには光栄の『決戦2』とかも好きでしたし、
綺麗なグラフィックで大勢のキャラが戦うというのが、
基本的に好きなのでしょうね。
冒頭の話に戻ってしまうのですが、
新しいハードによって表現方法が進化したのだなと、
端的に感じ取ることができますから。

今ではもっと大勢のキャラが入り乱れるゲームもありますし、
それもアクションで自分で操作できたりもします。
なので時が経つにつれ面白さを感じ取れなくなるタイプのゲームでしょうが、
それでも発売時にはとても輝いて見えた作品の1つなんですよね。

ランク:B(良作)

ドラゴンフォース



関連するタグ セガサターン /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1721-a06f17d3
| ホームへ戻る |