『イリウム』

『イリウム』

『イリウム』は1993年にPC98用として、
オレンジハウスから発売されました。

まず簡単な設定の説明から入りますと、
異世界から地球に来た女性の息子が主人公で、
今度はその主人公が異世界に行って戦うというもので、
イメージ的には普通のファンタジーRPGっぽい感じです。

irium01.jpg

<感想>


まずゲームジャンルなのですが、少し変則的でした。
即ち、本作の前半はコマンド選択式のADVであり、
後半がダンジョンを探索する3DタイプのRPGだったのです。

他でも見かけたことのある形式ですので、
需要がないわけではないのでしょう。
しかし、これが中々曲者でもあり、
どうしても人を選ぶ部分が出てしまうのかなと。
つまりRPGをやりたい人からはADV部分が長くて邪魔に感じ、
かといってRPG部分も単調なものだから、
これだったら全編ADVで良いじゃんって言われる感じなわけで、
どっちにしても中途半端なためにゲームとしてあまり面白くないのですよ。

まぁ、ここまでならオレンジハウスやっちゃったなってとこなのですが、
さすがにオレンジハウスのゲームだけあってキャラはとても可愛いですし、
MIDI音源にも対応しているのでサウンド面でも良好でした。
私は音にはこだわらない方なので恩恵は少なかったですが、
アダルトゲームでMIDI音源対応、しかもこの時期でとなると、
オレンジハウス以外にはほとんどなかったですからね。
音にこだわる人ほど、このブランドはありがたい存在だったと思います。

さて、ここまでならあまり印象に残りにくいところなのですが、
テキストが良かったのかそれとも他に何か理由があったのか分かりませんが、
妙にHシーンが濃かったように思うわけで、
可愛い絵柄でこれは珍しいよなと思ったものです。
やっぱりいつの時代も可愛い絵で濃いエロがあるのは鉄板ですよね。

それと、モザイクの種類を選べるという機能がありました。
あまり私はそういう部分にこだわりがないので恩恵がなかったのですが、
こだわりのある人にはプラスになるのではないでしょうか。
(そういや、こういう機能のある作品って、今もあるんですかね?)

加えてそのこととも関連するのですが、
モザイクの種類が選べるというのは、
裏を返せばモザイクが絵と一体になっていないってことです。

つまり最初からモザイクで描かれているのではなく、
元の絵に選んだモザイクがかけられるわけですね。
だから改造などにより元絵を取り出してみると、
無修正の画像が出てくるわけで、
そういう点でも記憶に残りやすいゲームでもありました。

<総合>


以上のようにRPGとしてゲーム部分だけを見ると及第点以下なのですが、
アダルトゲームとして全体で見ると、
中々に印象深い部分も有していたように思うわけでして。
なので、総合でも佳作ってところでしょうかね。

上記のように、本作におけるポイント部分は、
あまり私には関係のない部分なんですよね。
しかし中には、本作のポイント部分を重視する人もいるでしょうし、
そうしたモザイク表現などにこだわりのある人ほど、
評価も上方に修正されていくのでしょう。
だから個人的には辛めになっていますが、
絶賛する人がいても、それも納得できる作品でもありました。
まぁ個人的にはRPG部分をとっぱらって、
ADVとして作りこんでくれば良作以上もありえたし嬉しかったんですけどね。

ランク:C(佳作)

イリウム



関連するタグ PC98 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

どもですm(_ _)m

プレリアでファンになって買ったのがこのイリウムでしたね。
当時オレンジさんが、絵と音楽(私こればっかり言ってる気がしますが)が好みで発売日に買ってプレイした覚えがあります。

ただ、思い返してみると……RPG部分の記憶がそっくり抜け落ちてるんですよね(笑)
最後に主人公が自分の世界と恋人の元に帰り、ヒロインが妊娠現地妻になるシーンに、感動より爆笑した覚えがあります。
いや、まあそうなるっちゃーなるけど、なんだかなぁw
って感じで。

ちょっと、記憶に残れない残念なゲームでしたね。

同じ年に、迷走に迷走を重ねて別の意味で記憶に刻まれたCAL3とどっちが良かったのか……。

CAL3は、当時本当に度マイナーだったトロイア戦争と破裏拳ポリマー知らないと、全く面白くありませんでしたしね。
あ、最後は感動しました。

憎しみには愛が必要なあたり。

でも全部持って行ったのはポセイドンの快諾快笑だったなぁ。

ではでは♪

オレンジハウスの作品は、
どうしても絵と音楽は良かったという部分が先行してしまい、
それらが強すぎるので、
その他の点は二の次になってしまいかねないですですね。

本作は、ゲーム全体がRPGというわけでもないので、
本格的なRPG作品と比べると印象が薄くなってしまうのも、
仕方ないっちゃぁ仕方ないのかもしれませんし。

まぁ、個人的にはエロが印象的だったかなというところはありますが、
その辺は個人差もあるでしょうし、
如何せん普段の自分がエロにこだわるわけではないので、
その辺は今となっては、あまり自信がないですw

CAL3に限った話ではないですが、
特に悪いところもないけど記憶に残らない佳作・凡作と、
出来は悪いけど、逆にいつまでも記憶に残り続ける作品と、
一つの作品としては、どっちが良いことなのか、
その辺は難しい問題ですよね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1720-7ea2f5e7
| ホームへ戻る |