コンチェルトノート

コンチェルトノート

『コンチェルトノート』は2008年にWIN用として、
あっぷりけから発売されました。

とにかくメインヒロインの莉都が魅力的で、良かった作品でしたね。


cnote01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
倉上進矢は追い詰められていた。
事故により長期の入院生活が開けた後、彼の立場は一変していた。
諦めて働こうとした所に、初めて訪れた幸運。
懐かしい幼馴染からの連絡と再会。
彼女がもたらしたのは、新しい学園と月光館という古ぼけた洋館だった。

<フローチャート>


基本的には普通のノベルゲームなのですが、
本作にはフローチャートがついています。

決して斬新というわけではないのですが、
いまだに付けてないところが大半ですからね。

また本作ではフローチャート上から任意に好きな地点にも戻れます。
これにより長い既読スキップで画面をボ~っと眺めているという、
ノベル系の大作にありがちなマイナス点が解消されています。

加えて、任意で戻れるので自分でセーブする必要もなくなり、
セーブのし忘れでやりなおしするはめになったり、
無駄足を踏んでやる気を削がれるようなことはなくなりました。

フローチャート自体は昔からあったとはいえ、
ストーリーのボリュームが少なかった昔のノベルゲーでは、
このシステムはそんなに威力は発揮しなかったと思います。

しかしボリュームが増え既読スキップに長時間を要する最近のノベル、
或いは今後のノベル系にはますます有用になっていくシステムであり、
本作での導入は好印象だし、他所も真似てほしいと思います。

<感想>


ストーリー上のジャンルとしては、一応伝奇ものでもあります。
幸御魂のたまが出てきて中枢にも絡んでくるので、
伝奇要素はあると言えるのでしょうが、
出来自体は普通だったのかなと。
もう少し煮詰めれば良かったのでしょうが、
ちょっと消化不良気味でしたかね。

従って伝奇物としてはそんなに優れてはいないのでしょうが、
本作はむしろ主人公と相棒でありメインヒロインである莉都らが、
自らに降りかかる不幸から逃れようと懸命に頑張る姿を描いた、
学園を舞台とした成長物と考えた方が良いでしょう。
ぶっちゃけキャラゲーだと思って、
キャラ目当ての感覚でいた方が楽しめるのではないでしょうか。

となると、キャラやテキストがどうなのかが問題になってきますが、
これが驚くくらい自分には合いました。
私は近年の学園物がほとんど楽しめません。
1つは、どれも同じような感じで飽きてしまっていること。
1つは、序盤のコメディ部分が苦痛であること。
ラブコメは今でも好きなのですが、
最近の奇天烈なキャラやパロディに頼ったギャグ、
ヘタレな主人公や年齢に精神面が遠く及ばないキャラとかに、
すっかりと辟易しているのです。

本作は学園物なので、どうしても最初の印象は良くありません。
なのに、す~っと入っていけたわけでして。
これは、上に書いたようなキャラやテキストがないからなんですね。
壊れギャグやパロディに頼っていないにもかかわらず、
何だか妙に面白いわけでして。
それは大笑いする類のものではなく、
クスリとかニヤリって感じのものなのですが、
終始そんな感じで楽しめるテキストもそうはないものです。
まだ書き慣れてない所もたまに見受けられ、
特別文章が上手いってわけではないんですけどね。
技術的な面ではなく、もっと根っこの部分でセンスがあるんでしょうね。
他のライターとはちょっと違う雰囲気で、これには驚かされました。
たぶんベテランの方をはじめとして、
私と同じような理由で最近の学園物が苦手な人もいるかと思います。
そういう人には意外といけるかもしれませんね。

ただ、逆な場合は、もしかしたら注意が必要かもしれません。
つまり、最近の恋愛系がどれも楽しめちゃうような人には、
パロディネタや奇抜なキャラに頼った派手さがないために、
地味で面白みのないものに映る可能性は否定できないと思います。

キャラも良かったですね。
主人公は苦労人なのですが前向きで、
とても好感が持てるタイプです。
主人公は幼馴染でもある莉都を相棒と言いますが、
一見完璧超人な莉都の相棒は彼しかいないと納得させてくれるような、
きちんとした行動力もありましたし。

ヒロインでは、やっぱり莉都ですね。
他のルートはあまり大したことがなく、
ストーリー的にもキャラ的にも作品内での莉都の占める割合は大きいです。
莉都ルートをやらなければ何の意味もない作品ですし、
莉都を気に入るか否かで作品の印象もガラリと変わるでしょう。
つまり本作は、莉都ゲーってことですね。

ここはどうしてもその人の感性次第になってしまうのですが、
主人公との絡みは面白いし、
主人公のことを誰より信頼しているのに、
依存し過ぎるわけでもなく自分というものをハッキリ持っている態度、
知的でサバサバした性格はとても気持ちが良いものでした。

恋愛ゲーを多くプレイすればするほど、
個々のヒロインへの愛着も減ってしまいますし、
これはと何年も印象に残るヒロインにも出会えなくなります。
たぶん多くのユーザーが、
恋愛ゲーを初めてプレイしてから数年以内に出合ったヒロインが、
いまだに印象深く残っているでしょうし。
記号化された萌えは、ある意味では洗練された結果なのであり、
初めて出会ったユーザーに大きな影響を与えるのでしょう。
しかし定型化されて深みがないために、
数をこなすと次第にどれも同じに見えてくるのです。
近年の恋愛ゲーでお気に入りキャラが出にくくなった私が、
莉都には強烈な魅力を感じたのは、安易に萌えに頼らず、
その内面をしっかりと築き描ききったからなのでしょうね。

<総合>


全体としては、良作と言ったところでしょうか。
キャラやテキストは良かったのですが、
メインのストーリー自体はそれ程でもなかったですしね。
キャラやCGも好きなものも多いのですが、
たまに雑なところもあったりします。
フローチャートは便利だったのですが、
斬新とまでは言えないし、もう少し改良の余地もあります。
主観的にはかなり好きな作品ではあるのですが、
名作と言うにはもう一つ何かしらインパクト・長所が欲しかったのかなと。

まぁ莉都がいますから、主観だけなら名作級なのであり、
評価以上に好きな作品ではありましたね。

最後に、このゲームは初心者向けと言われることもありますし、
私もそういう面はあると思います。
でも、始めてから数年経ったような、
初心者を脱却した層に相性が良くないのであって、
逆に90年代ごろからやってる人には意外といけるんじゃないのかなと。
個人的には、もう恋愛ゲーは楽しめないのかなと思っている人にこそ、
ちょっとプレイしてみてほしいですね。

ランク:B(良作)

コンチェルトノート[初回限定版]

ダウンロード版
コンチェルトノート

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |