赫炎のインガノック What a beautiful people

赫炎のインガノック What a beautiful people

『赫炎のインガノック -What a beautiful people-』は、
2007年にWIN用としてライアーソフトから発売されました。

スチームパンクシリーズ第2弾ですね。
ジャンル:ノベル系ADV

赫炎のインガノック~What a beautiful people~

前作をしっていると世界観に深みは感じられるものの、
直接にはつながっていないので、
本作からのプレイでも問題ないでしょう。

このゲームの一番の魅力は、何といってもOPでしょうね。
発売前から一体何回見たことやら。
全てがここに凝縮されているかのようです。
ゲームを買うかどうかは別として、
少なくともOPだけは必見でしょうね。

さて、OPでの掴みは最高だったのですが、
決してそれだけではなく、
ゲーム全般を通じてもグラフィックとサウンドはとても良かったです。

グラフィックはやや癖がある独特な絵柄かとは思いますが、
ゲームの世界観も独特ですからね。
グラフィック・サウンド・世界観が一体となって、
何ともいえない素晴らしい雰囲気を醸し出していました。

よく雰囲気が良い作品って言われるのがありますが、
これなんかはまさにピッタリ当てはまる気がしますね。
どんな作品というのを説明するのが難しい面もあるのですが、
まずは雰囲気を楽しむ作品ですので、己の感性が一番の頼りです。
下のOPデモを見て何か惹かれるものがあれば、
おそらく楽しめるでしょう。

ただ雰囲気は最高なのですが、
ストーリー自体はわりと普通だったかと思います。
いろいろ考えられているし決して悪くはないのですが、
今ひとつ強烈に惹かれる要素がないんですよね。
結局、ストーリー自体は普通で、
グラフィックやサウンドで大幅にポイントを稼いだって感じでしょうか。

ゲームとは全然関係ないのですが、本作をプレイしていて、
ふとアニメの『天空のエスカフローネ』を思い出しました。
あれなんかもストーリーの本筋は普通なんですよね。
ただ、背景となる世界観は良く練られていて、
そしてそれ以上にグラフィックとサウンドがずば抜けていました。
私の周りではストーリー:B級、グラフィック:A級、
サウンド:特A級って言われていましたっけ。
本作は、何となくベクトルみたいなのが似ているんですよね。

本当にストーリーだけを重視する人には、
本作はそれ程でもないかもしれません。
テキストも格別上手いとも思いませんでしたし。

しかしながら絵や音と世界観、
或いはそれらの一体感みたいなものを総合的に判断する人であれば、
本作はきっと楽しめるのではないでしょうか。

ライアーには『腐り姫』という名作があって、
個人的には以後の作品はどうしても見劣りしていたんですよね。
でも、久しぶりにライアーから面白いと言える作品が出てきたわけで。
もともと個性的なゲームが多いブランドではありますが、
完成度以上に今後も期待したいと思わせてくれる作品でした。

ランク:B(良作)

赫炎のインガノック~What a beautiful people~

関連するタグ 


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |