『終末の過ごし方 ~The world is drawing to an W/end~』

『終末の過ごし方 ~The world is drawing to an W/end~』

『終末の過ごし方 ~The world is drawing to an W/end~』は、
1999年にWIN用として、アボガドパワーズから発売されました。

ライターは大槻涼樹さんで、『黒の断章』や『ESの方程式』の人ですね。

終末の過ごし方

ぶっちゃけ、はよ『人工失楽園』出せやとか思ったりもしたのですが、
違う路線もそれはそれでありだろうってことで購入した作品でしたね。

ジャンルはノベル系のADV。
画面全体に文字が表示されるタイプのゲームですね。

内容的にはタイトル通りとでも言いましょうか、
1週間で人類が滅ぶという設定の下、
その残された7日間を如何に過ごすかって作品でした。

CGはキャラデザ自体は好みでもないのですが、
水彩画風の塗りが好みで全体的に雰囲気が良かったと思います。

ストーリーもそれに上手く乗れば良かったのですが、
如何せん短すぎましたね。
3時間程度で終わってしまいますので、あっという間でした。
もともとミドルプライスの作品ではありましたが、
それを考慮しても短すぎます。

まぁ、それでもその量でテーマに足りるのなら構わないのですが、
ボリュームが少ないこともあってどうにも中途半端に感じました。
もっと面白くなる可能性は幾らでもあったでしょうし、
ライターにもその力はあるのでしょうが、
本作に限って言えば足りなすぎでした。

元を取れたかとなると微妙なわけで、個人的には凡作としておきます。
化ける可能性はあっただけに、残念な作品でした。

ランク:D(凡作)

終末の過ごし方



関連するタグ WIN /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1706-c5196d78
| ホームへ戻る |