『Sweet Emotion』

『Sweet Emotion』

『Sweet Emotion (スウィート エモーション)』は1991年にPC98用として、
ディスカバリーから発売されました。

バーディ第三開発室が独立し、新ブランドでのデビュー作でした。

sweete04.jpg

PC88末期からPC98初期にかけて絶大な人気をほこったブランドがありました。
その名は「バーディソフト」。
栄枯盛衰とは良く言ったもので、勢いがあったにもかかわらず、
分裂や独立騒動によりバーディはあっという間に消えてなくなります。
だからwindows時代から入ってきた人には馴染みがないブランドだし、
そういう人が過去を振り返る場合にも、
中々出会う機会のないブランド・作品でもあったりします。

しかしリアルタイムで過ごした人の多くからは必ずと言っても良い程、
バーディの名は挙がってきます。
当時エルフやアリスと対等に渡り合い、
ブランドが続いていれば御三家ではなく四天王と呼ばれていたかもしれないし、
また違った発展を市場に与えていたかもしれないブランドなんですよね。

そのバーディは当時3つの制作ラインを持っていたのですが、
その中の第3開発室が独立して制作したのが、
ディスカバリーというブランドでした。
Sweet Emotionはそのディスカバリーのデビュー作となります。

ジャンルはミステリーもののADVなのですが、まず基本システムの説明から。
基本システムはコマンド選択式+ノベルというか、
両者の中間的なシステムになります。
「みる」「きく」という汎用メニューはなく、
状況に応じた個別の選択肢が登場し、
その選択肢によりちょっとした展開の変化やマルチENDにつながります。
これだけなら今のノベルと同形式なのですが、
情報収集やHシーンなど場面によっては全ての選択肢を選んだり、
2回ほどですが同じコマンドを繰り返す場面もあります。
だからその部分は汎用メニューを用いないコマンド選択式とも言えますので、
両者がミックスした中間的なシステムなんですね。
こういうシステムは後には増えていくのですが、
91年という時点ではまだ珍しかったのかなと。
少なくとも総当り的な煩わしさはないので、その点は良かったのでしょう。

システム的にはもう一つ大きな特徴があります。
選択肢が登場するとそれを選ぶのですが、通常と異なり2段階で登場するのです。
例えば料理を出されて美味しいかと聞かれたとします。
まず、それに対し本音でどう思っているのか、
つまり「美味しい」と思うのか「不味い」と思うのかを選ぶわけですね。
でも本音と建前は別ですし、
一見褒めているようでも皮肉が込められている場合もあります。
だからどう思ったかの次に、今度は何と答えるかを答えることになります。
口では美味しいと答えながらも、括弧書きの中ではキャラの本音、
つまり不味くてもうこんなものいらないってテキストが表示されるわけですね。
このセリフのテキストと心情描写のテキストの組合わせにより、
プレイヤーの意思表示の幅も広くなりました。
プレイヤーの思考とキャラの言動の不一致も減りますし、
このシステムはまだまだ発展の可能性はあったのではないかなと。
こういう手法もあるのだと示した点では意義はあったと思うのですが、
残念ながらSweet Emotion内で存分に活用しきれたとは言えず、
その点は勿体無かったように思います。

グラフィックは『NIKE』や『きゃんきゃんバニースペリオール』で有名だった、
「しかとみよ」さん。その後もディスカバリーのメイン原画として活躍します。
また「大越秀武」さんもいて、こちらは現在も活躍していますね。
キャラは可愛く、塗りも含めて非常にレベルが高かったと思います。
色彩の感覚というか、雰囲気が好きなんですよね。
また目パチ口パクもあり、部分的にアニメーションもあります。
この辺も隙がありません。

更にサウンドもMIDI音源に対応しており、
こちらも時期的に非常に早い段階での対応と呼べるでしょう。

システムに見所があり、グラフィックもサウンドも最高水準。
そうなると残りはシナリオだけです。

ストーリーは上記のようにミステリーなのですが、
全部で5章から成り立ちます。
1章は殺人を行おうとしている男が逆に死んでしまうまでの話。
2章は学生らが1章の男の死体を見つけるまでの話。
3章は事件の調査を始める探偵視点の話。
4章は死んだ男が幽霊になって戻ってくるのですが、
まぁHシーンを見るためのオマケのようなものですね。
5章は探偵による事件の解決の話。

事件を複数の視点からみるという意味では、
広義にはマルチサイトに含めて考えることも可能かなとは思います。
しかしその時間ごとに異なる主人公の視点で話を進めるだけであり、
同時刻における複数の視点により多角的に見るというのとは異なるので、
本来的なマルチサイトとは異なるのでしょう。

視点を代えつつ物語が進行し、テキストもテンポが良いですし、
Hシーンもこまめに挿入されますので、途中までは面白かったんですけどね。
最後の真相解明で一気に萎えてしまいました。
解明しきれず腑に落ちない部分もありますし、
ストーリーとしてはかなり駄目なんじゃないかな、これ。
個人的にはストーリーだけで判断するなら、
凡作どころか駄作もありえると思います。

ただ、上記のようにシステムに見所はありますし、
グラフィックやサウンドは完璧なんですよね。
ストーリーもオチが壊滅的に駄目なだけで、途中までは楽しめたわけですし。
つまり、結構楽しめた時間は長いのですよ。
なので個人的には佳作としておきたいと思います。
今回は佳作という結論になりましたが、
致命的欠点があった上での佳作ですからね。
長所も短所もない空気のような作品よりは、
よっぽど印象に残りやすい作品だったとは思いますね。
長所があれば次作以降で短所をなくせば化けますからね。
それが後の『RED』や『ミラージュ』シリーズにもつながっていくのでしょう。
本作自体は素直に褒められる作品でもないのですが、
ディスカバリーの持つ潜在能力の高さの片鱗は見せることのできた、
そんな作品だったのではないでしょうか。

ランク:C(佳作)

スウィートエモーション



関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1700-3d72a78d
| ホームへ戻る |