この青空に約束を―

この青空に約束を―

『この青空に約束を―』は2006年にWIN用として、
戯画から発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

この青空に約束を―

ジャンルは基本的にはノベル系のADVになるのですが、
移動場所を選択してってタイプでしたね。

内容的には恋愛・学園物。
萌え・恋愛・学園・ハーレム…まぁ、よくあるタイプのゲームですが、
ものの見事に王道定番路線って感じですね。

ストーリー自体は特に変わったところもないのですが、
やっぱり丸戸さんの文章は良いです。
王道定番路線でもすんなりと楽しめます。
ただ、最初からハーレム状態っぽいわけで、
そろそろ他にないのかいって思ってしまいますけれど。
それと騒動を起こす主人公はやや癖がありますので、
その点で若干人を選ぶおそれはあるかもしれません。

グラフィックもねこにゃんさんの絵には一時関心が薄れたのですが、
今回は結構好きだったわけでして。
個人的には、パルフェの頃よりこっちの方が好みです。

好きな絵でごく普通に楽しめたわけで、
全体を通じて特に目立った欠点はないです。
ただ、逆にこのゲームならではってのもないです。
全てが普通って感じなので、遊んでいるときはそれなりに楽しいけれど、
数年経つと記憶に残らないタイプです。

こういうのは最初から家庭用ゲーム機で出した方が良いと思うんですよね。
王道や定番に馴染みのない世代の方が素直に楽しめると思いますし。
ある程度ゲームをやってきた層が、
改めて面白いと絶賛するものでもないと思うので、
18禁で出す必要もない気がしてね。
まぁ、それはそれでHシーンあるので良いのですが、
何れにしろ万人向き・初心者向きって感じのゲームですね。

総合的には佳作ってところでしょうか。
今回は絵とキャラが好みになったのと雰囲気を楽しめたことが大きく、
作品単体では十分に楽しかったです。
ただ、仮に同じ内容を好みでない絵でやられたら、
おそらく佳作以下になっていたように思うわけで、
ストーリー面での特徴がますますなくなり、
あまり次につながらないように感じてしまったのが、
少々気がかりな作品でもありました。
まぁ、私の基準では点が伸びにくいのですが、
ハーレム系が苦手な人以外は嫌われる癖もあまりありませんので、
比較的万人向けとしてすすめられる作品のようにも思いますね。

ランク:C(佳作)

この青空に約束を―



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2006」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |