『スケバン戦國史 -PSYMEC SCHOOL WAR-. 』

『スケバン戦國史 -PSYMEC SCHOOL WAR-. 』

『スケバン戦國史 -PSYMEC SCHOOL WAR-. 』は1991年にPC98用として、
ハードから発売されました。

今風に言えば『大番長』みたいなゲームとなるのでしょうか。

sukesen01.jpg

舞台となるのは架空の23区みたいなところです。
主人公である3代目総番・柿原なつみが学生の平和のために闘うというもので、
誤解を覚悟で言うならば、
『大番長』の女主人公版みたいな感じでしょうか。
まぁ、こっちの方が10年以上早いのですが、
分かりやすく言うとそんな感じになります。

sukesen02.jpg

つまり、主人公は仲間を増やして鍛えつつ、
隣の地区の他校に決闘を申し込むわけですね。

それで無事に勝てれば、その地区が支配下になり、
捕まっていた娘を仲間にすることができるのです。

さて、『大番長』風ということで、
場合によっては凄く面白くなりえたんでしょうけどね。

実際、良いところもありましたし。
例えばOPムービーは結構クオリティが高かったですし、
戦闘アニメもちょこちょこって動いて楽しめました。

ただ、問題はその戦闘部分でして。
簡易的なSRPGみたいなタクティカルコンバットシステムなのですが、
これのテンポが悪くて間延びしてしまったんですね。

イベントもあまりないので単調になりがちでしたし。

まぁ、パチスロで金を稼ぐのにはまったり、
何だかんだでやりだすと止まらないのですが、
あまり人には薦めにくい類のゲームではあるでしょう。

一応新鮮さもありましたし楽しめたのですが、
欠点も多いことから佳作ってところでしょうか。
完成度を求めるときついのだけれど、
新鮮さはあるので比較的私みたいな人向けなのでしょうね。
ハードはどんなゲームが出てくるか分からないところで、
あやよさんから比べれば良く作られているのでしょうが、
それでもいろいろと勿体無い作品でしたね。

ランク:C(佳作)

中古PC-9801 5インチソフトスケバン戦國史



関連するタグ PC98 /SLG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1680-ce435b54
| ホームへ戻る |