巣作りドラゴン

巣作りドラゴン

『巣作りドラゴン』は2004年にWIN用として、
ソフトハウスキャラから発売されました。

ソフトハウスキャラの出世作でしたね。

ゲームジャンル:SLG

巣作りドラゴン

win以降のアダルトゲームメーカーでADV以外を作る所は少ないのですが、
その代表的なところとしてエウシュリーと、
ソフトハウスキャラがあるかと思います。
エウシュリーはメジャー路線と言いますか、
RPGとかSRPGとかコンシューマーでも非常に多く、
誰でも知ってるジャンルにエロを付けて出したような作品が多いわけです。
キャラはその逆ですね。
もちろん、SLG好きなら知っているのだろうけれど、
そうでない人にはちょっとマイナーな分野に着目し、
そこにエロを付けて出したようなゲームが多い感じがします。

本作はいわゆる悪の方の主人公で、
ダンジョンを構築し罠を張って、勇者とかの侵入者を撃退するSLGです。
まぁ、ぶっちゃけ『ダンジョンキーパー』(DK)のエロ版ですね。
ただ、この言い方にも御幣があるわけでして。
大雑把なところは似ているのですが、
それを言ったら『プロデュース』のエロ版だろともなりかねないですし。
(『プロデュース』はPC-88のゲームで、同系統の作品なのです)
DKはダンジョンを作って罠を張って、
そこからいろいろダンジョンを運営していくところに醍醐味があって、
若干RTSっぽくもある作品でした。
そうしたDKの一番の醍醐味みたいなのがこのゲームにはないわけで、
DKにエロが付いたんならお得だろとか思って購入しちゃうと、
ちょっと肩透かしにあうんじゃないかなって思ったり。
設定の近さからDKと比べられがちですが、
むしろベクトル的にはPSで発売されたAZITOに近いのかもしれませんね。

まぁ、何れにしろ珍しくてもSLG好き的には斬新ではなかった設定ですが、
そもそも設定の斬新さで言えば、
88時代の『プロデュース』まで遡るわけでして。
ただプロデュースは中身がいろいろ問題もあったわけで、
それでこの手のゲームを内容的に完成させたのが、前述のDKなわけですね。
DKのは今でも熱狂的ファンがいるだけあって、
好みを別にすれば非常に良く出来たゲームでした。
本作はお手軽に遊べる点では良いのですが、
この手のゲームとしてはまだまだ甘いんですよね。
初めてこの手のゲームに触れる人には面白いのでしょうが、
そうでない人を納得させられるレベルにはないように思います。

もっとも、本作はアダルトゲームなわけで、
そこそこのゲーム部分に他の付加価値が加われば、
それでも十分に楽しめるわけです。
そこでその観点からが問題となるわけですが、
まず世界設定にも特にひねりはないですし、
ストーリー自体もあっさりであってないようなものです。
あとはキャラですね。
これは好みの問題もあって、
キャラが気に入ればおそらく楽しめるのでしょう。
個人的には、悪くはないのですが特別に惹かれもしませんでした。
キャラデザが平凡なので、あまり魅力を感じないんですね。
そういうわけで、あまり他の付加価値も感じられませんでした。

このゲームは一般的にもストーリーやキャラではなく、
ゲーム部分で評価されることが多いように思います。
しかし他の同系統のゲームと比べると、
斬新さも完成度も伴っていないということで、
どうにも点数が伸びにくい作品でした。
とはいえ、特に欠点もないですし、
それなりに気軽に遊べるので佳作とはしておきます。

まぁ、普段ノベルしかやらないエロゲ好きの気晴らしって感じでしょうね。
或いはこの手のゲームの入門用としても良いでしょう。
最近はハードなSLGは疲れちゃうので、
息抜きにはこのくらいのゲームの方がありがたかったりもしますしね。
ただ、生粋のSLG好きには物足りないだろうなという意味で、
ちょっとその辺は注意が必要かもしれませんね。

ランク:C-(佳作)

巣作りドラゴン

巣作りドラゴン

関連するタグ WIN /SLG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/168-40395095
| ホームへ戻る |