『王賊』

『王賊』

『王賊』は2007年にWIN用として、
ソフトハウスキャラから発売されました。

ジャンル:SLG

ノベル系ADVばかりの現状にあっては、
ソフトハウスキャラのような所は貴重なわけで、
適度に遊べるからついついプレイしてしまうわけです。

まぁ、毎回それなりの満足度はあるのですが、
このブランドの一番の問題点はオリジナリティに欠けている所なんですよね。
エロゲユーザーと馴染みのなさそうな、
一般PCの名作SLGを元ネタにしたようなゲームばかりで、
しかもそれを簡易劣化させてくるものだから、
プレイ前に大体の想像がついてしまうのです。
だからエロゲしかしないユーザーには絶賛されるのに、
一般ゲーもプレイする人から見向きされなかったりするのでしょう。

もっとも昔と違って私もヘタレてますから、今はハードなSLGはきついです。
だからここくらいで調度良いのかもしれないけれど、
高い点数は付けにくいのも確かなわけです。

そういう意味では、今回の『王賊』は比較的独創性が見られたように思います。
ただオリジナリティが増した分、逆にクオリティが下がってしまったようです。
まぁ産みの苦しみと考えると、仕方ないのでしょうけどね。

ジャンルは戦略SLGとかSRPGとなるのでしょうか。
マップが狭い独特の形状ですので、
戦略SLGを期待するとかなりの確率で物足りなく感じるでしょう。
むしろSRPGとして捉えた方が、素直に遊べるように思います。
SRPGとしては、可もなく不可もなくってところでしょうか。
周回プレイには向いていないですが、
私はその辺はあまり期待しないので構いません。
しかし、1週目の時点で終盤には底が見えてきますので、
いつものキャラ作品より浅く見えてしまうわけですね。
クオリティが下がったというのも、そうした理由からです。

システム面があれでもストーリーやエロとか他の面が良ければ満足もできますが、
その辺もあまり良いとも思えなかったですね。

総合的には佳作ってところでしょうか。
たぶんエロゲしかしないユーザーで、かつ完成度重視であるならば、
本作はキャラ作品の中でもあまり良い印象を抱けないかもしれません。
しかし個人的には、確かに作品としては残念な部分もあったのですが、
これまで以上に独自色を出そうという姿勢は好感が持てましたので、
その点を考慮しました。
年々エロゲで新鮮さのあるゲーム性重視作品は減っていますからね、
こういう作品は貴重になってくるのですよ。
なので個人的には、この路線で頑張ってもらいたいと思いますね。

ランク:C(佳作)

王賊
王賊 AMAZONで詳細を見る


DVDソフト 王賊



関連するタグ WIN /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1674-66100acf
| ホームへ戻る |