『夏ノ雨』

『夏ノ雨』

『夏ノ雨』は2009年にWIN用として、
CUBEから発売されました。

ジャンルはノベル系のADVで、内容的には恋愛ものになります。

夏ノ雨

舞台が夏の田舎なので比較的雰囲気が良く感じられやすいですし、
設定的に好きな人も多いのではないでしょうか。

このゲーム、とにかく普通です。
良くも悪くも王道の恋愛ゲーって感じがしました。

なので内容的に何か得られるというのはなかったのですが、
何となく懐かしさも感じられたわけでして。
いきなりBADもありえる選択肢の構成や、
ごく普通のキャラたちがそう感じさせたのでしょう。

近年の萌えゲーは過度に装飾されすぎています。
記号化であるとか、異能が絡んでいるとか、他にもいろいろありますが、
何れにしろ意外と本当の「普通」って作品は少ないように思います。

もちろん普通じゃない部分にその作品ならではの特徴も生まれやすいので、
最初からそれを求めている人は安心してプレイできるのでしょうが、
時にあざとすぎる場合もあります。
故に、王道と呼ばれつつも微妙にアレンジが加わっているのです。
初心者向きというのも中々難しい定義であって、
アダルトゲームでは初心者でも、
アニメや漫画でそういうものにどっぷり染まっている人も多いでしょう。
そういう人には近年のゲームは、何の抵抗もなく楽しめるかと思います。

しかし、中にはあまり触れてこなかった人もいるはずです。
その場合、非現実的なものがいろいろ加わっていると、
かえって拒否反応を与えかねません。
一昔前の過度に記号化されすぎていないころの、
ごく普通なキャラによる王道路線。
そういうのも当然需要があると思うのですよ。

また、近年の問題の多くは、「普通でない」部分まで似通っているために、
それで結局「普通でない」はずの部分もテンプレ化して見えることにあるわけで、
もうそんなの飽きたよって人もいるはずです。

そして、かかる観点からは本作は比較的優秀な部類だと思うのです。
奇抜な髪のキャラもいなければ、実際にはありえない変なキャラもいません。
テキストに癖もないし変な思想の押し付けもないので、
本当の意味での初心者も、
逆にテンプレに飽きたって人も入っていきやすいでしょう。

まぁ、昔の名作に触れればって話もありますけどね。
それも容易でない場合もあります。
そして初心者向けのゲームを今の技術で作ることも大事なのでしょう。
本作は内容はいたって普通なのですが、CGはとても綺麗でした。
キャラデザもそうですが、塗りが良かったのでしょうね。
絵が良いから、先が分かっていても進める意欲も沸くのです。

という感じで、あぁこれは需要はあるのだろうなという観点で、
できるだけ好意的に書いてみたのですが、当然難点もあるわけでして。

上述のように普通すぎるので、
何か新しいものを求めると得られるものはないのかなと。
それと散々普通を強調しておいて何ですが、
主人公には癖があるので、必ずしも全ての面で普通とは言い切れないのかなと。
ヒロインの言動を重視する人なら大丈夫なのでしょうが、
主人公の不可解な言動が気になりやすい人だと、
違和感を覚える可能性が大きいのかなと。
私は後者に属しますので、その度に感情移入が寸断され、
あまりのめり込めなかったようです。

総合的にはギリギリ佳作ってところでしょうか。
ランクは常連の方なら見るまでもなく分かると思いますが、
本作ならではの特徴というものがなく、
私が重視するポイントとずれているので、こういう作品は点が伸びないです。
絵が良かったので佳作としましたが、
これで絵が悪かったら凡作扱いもありえたでしょう。

でも、決して作品に致命的欠点があるわけではありません。
とても丁寧に作られたことは伝わってくる作品なので、
需要はあるだろうなということも分かりますし、
該当する人には十分楽しめるだろうなと思った作品でもありました。

ランク:C-(佳作)

夏ノ雨



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1668-72490207
| ホームへ戻る |