『斬魔大聖デモンベイン』

『斬魔大聖デモンベイン』

『斬魔大聖デモンベイン』は2003年にWIN用として、
ニトロプラスから発売されました。

ジャンル:ノベル系ADV

デモンベイン

内容的にはいろいろ混ざっているのですが、
基本的にはロボットアクション物に、
クトゥルー要素が付いた作品という認識で構わないかと思います。

もともとは虚淵さんでないニトロ作品がどこまで出来るのかと、
単純にグラフィックが進歩したかなってのが、
購入の動機でしたでしょうか。
あと、何気にクトゥルー物は結構やっているので、
それで気になったのもありますね。

まぁ、熱い展開でボリュームもありますし、
肌に合えば結構はまれるって類のゲームなんでしょうね。

ただ、熱いアクション物ってテンポが大事だと思うのですが、
ちょっと冗長すぎてだれてしまいました。
それと、ボリュームが多いわりに単調で、
その点からも飽きが早かったのかなと。

あと、いろいろ詰め込まれた要素が、結局どれも中途半端なんですよね。
クトゥルー要素は知らないとついていきにくいわりには、
なまじ知ってると今度は逆にプレイしていて首を捻りたくもなるわけで、
この手を好きな人ほど楽しめないおそれもあるってのは、
ちょっとどうなのかなと思うわけでして。

総じて、ボリュームは一杯あって、
そこにいろんなものが詰まっているのに、
どれも中途半端な内容だったという感じでしたね。
一見濃いようでいて実はかなり薄味な印象で、
記憶に残りにくい作品でした。
この作品まではニトロのゲームは比較的安心して楽しめただけに、
ちょっと残念な作品でした。

もっとも、考え方も時によりいろいろ変わるもので、
当時はまだ虚淵さんの作品は楽しめていたんですね。
だから虚淵さんのいなくなったニトロなぞこの程度かとか思ったものですが、
よく考えてみると虚淵作品って売れてないですしね。
今ではニトロは独自のカラーを持ったブランドとして、
多くの人に認知されていると思います。
そこにまで至ったのは他のメンバーが頑張ったからであり、
その中でも家庭用にも移植された本作の貢献は大きかったのかなと思うわけでして。
主観的には好きな作品ではないのですが、
この手のジャンルが好きならもっと楽しめる作品でしょうし、
少なくともニトロの向かう方向という意味で、
ブランド的には大きな意味のあった作品のように思いますね。

ランク:C-(佳作)

デモンベイン



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

ウロブチ氏には悪いが 熱い闘いを観せたい思いが空回りしてる作品だな。そして戦闘描写がメリハリの効いてない長さ、何かサクラ大戦に代表\\\されるあかほり作品をみてるかのよう。そして特異なメカデザインの影響でなにやってるか判らない戦闘画面。私の評価も納得の佳作ですね。

名前を出したために勘違いさせてしまったのかなと思いましたが、虚淵さんは書いてないですね。
でも、作品に対する感想は誰が書こうと一緒ですが。
あかほり作品は私はアニメだと結構楽しめるのです。
でも、ゲームだと楽しめないケースの方が多いわけで。
戦闘のある作品などテンポが大事な作品は、ADV以外で見たいなと思ってしまいます。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1666-233ab7a8
| ホームへ戻る |