『終ノ空』

『終ノ空』

『終ノ空(ついのそら)』は1999年にWIN用として、
ケロQから発売されました。

ジャンルはノベル系のADVで、内容的には電波系になりますね。

終ノ空

今はどうなのかは知らないのですが、
ゼロ年代前半頃に3大電波ゲーって言ったら、
間違いなくノミネートされたであろう作品でしたね。
興味のない人は全く知らなかったかもしれませんが、
一部の間ではかなり有名な作品だったってところでしょうか。
今はリメイク的・後継的な作品である『素晴らしき日々』があるので、
認知度はむしろ上昇しているのかもしれません。

さて、電波ゲー自体は嫌いではないので注目していた作品でしたが、
電波ゲーにおける本作の特徴的な点は、
電波な中に哲学的な要素を取り入れたことにあるでしょう。
電波+哲学風というのは当時まずなかったと思うので、
熱狂的なファンが生まれるのも頷ける気はしますね。
少なくとも、オリジナリティは及第点以上だったと思います。

本来ならば、そういうのは私の好みなんですよね。
だからこそ期待していたわけですし。
ただ、ラストがいまいちだったこともあってか、
結局何をやりたかったのかがあまり伝わってきませんでした。
それと電波+哲学風というと何か凄そうに感じるかもしれませんし、
理解できないと自分が足りないようにも感じられそうな雰囲気ですが、
単純にストーリー展開に面白みがなかったのかなと。
やってて眠くなってきましたし、基本的にあまり上手くないように思います。
馬鹿に徹した電波ゲーとか、真逆の本格的な哲学書とか、
そういうものの方が素直に楽しめるわけで、
本作は新しい方向を進もうとして結果的に中途半端に終わった感じでした。

グラフィック等、他の面も同人の延長上のようなゲームでしたし、
総合的には佳作ってところでしょうか。
個性の強さは評価したいものの、内容が伴って無かったですね。
今にしてみれば、『素晴らしき日々』の内容を99年時に出せていたら、
或いは名作とも感じられたでしょうに。
そう思うと、ちょっと勿体無かったかもしれませんね。

ランク:C-(佳作)

終ノ空



関連するタグ WIN /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1660-fc3df9ec
| ホームへ戻る |