アトランティス3

アトランティス3

『アトランティス3』は2002年にWIN用として、
エレクトロニックアーツから発売されました。

オリジナルは2001年で、シリーズ第3弾になります。

ゲームジャンル:MYST系ADV

atla301.jpg

3作も日本語化されてますし、時期にも恵まれていましたからね、
この手のゲームとしてはMYSTに次ぐ知名度があったかもしれませんね。
尚、シリーズ間につながりはありませんので、
本作からプレイしても何ら支障はありません。

さて、本作の主人公は女性の若き考古学者という設定です。
舞台も近未来からの出発となります。
アルジェリアのホッガー砂漠に始まり、
旧石器時代のシベリアにアラビアンナイトのバグダッドと、
時空を超えた冒険の旅に出かけるのです。
まぁ、幾つかの世界がを冒険するってのは、
MYST系ADVではお約束的なところではありますね。

さて、初代『アトランティス』といえば、
97年の時点で全方向パノラマ360度映像を実現した作品でありました。
そのグラフィックのインパクトは絶大で、
個人的にも97年のグラフィックではベストな作品だったと思います。

しかしそれに反するように、初代のゲーム性はグダグダでした。
初代は世界中でかなり売れたのですが、
レビューサイトの中には酷評も見られました。
グラフィックという絶対的な長所と、ゲーム性の低さという短所。
初代は長所も短所も際立った作品だったのです。

じゃあ、本作はどうだったのか?
シリーズも3作目ということもあって、作るのにも慣れてきたんですかね。
実にそつなく作られてあります。
グラフィックもサウンドも世界観もゲーム性も、
あらゆる要素が水準以上の出来になっています。
およそ欠点という欠点がなく、
万人受けして世間では高く評価されそうな作りになっています。
ですので、この類の作品が好きならば、
まず普通には楽しめるのではないかと思います。

ただ、本作も全方向360度パノラマ映像のグラフィックではありますが、
このシリーズでは97年に既に実現しているわけで、
最早インパクトは感じられません。
グラフィックは全般的に高品質ではありましたが、
他作品から突出してるとまでは言えないかと思います。

ゲーム性等も進歩はしていますが、
ようやく水準レベルに達しただけで、
長所とまでは言えません。

つまり、どれも十分に楽しめるレベルには至っているのですが、
これという強烈な長所がなかったのです。
思わず欲しくなる強烈な魅力もあるけど粗も非常に多かった初代と、
まるで正反対なんですね。
因みに2は初代と3の中間的な位置付けなわけで、
つまりは作品ごとに完成度が高まってきたものの、
インパクトや個性も徐々に失われていったというわけです。

そういうわけですので、個人的には良作止まりかなと判断しました。
初代にも良作と判断していたはずですが、
再三繰り返していますように、
同じ良作でも傾向がまるで違います。
初代は各要素間でばらつきが非常にあったし、
プレイした人も高得点と低得点で分かれやすいでしょう。
本作は各要素間で差はなく、
プレイした人の意見もあまり割れないかと思います。
新鮮さや個性を求める人には物足りないかもしれませんが、
この手の入門用としては極めて良質な作品と言えるように思います。

一時のシューティングとかMYST系とか、
難しくマニアックになることにより衰退していった感もあります。
こういう作品こそ続編でない新規タイトルで出していれば、
新たなファンも開拓できて市場も広がっていたかもしれないわけで、
そう思うとちょっと勿体無かった気もした作品でしたね。

ランク:B(良作)

アトランティス 3 完全日本語版



関連するタグ WIN /ADV /MYST系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/166-28e3943b
| ホームへ戻る |