『ロストオデッセイ』

『ロストオデッセイ』

『ロストオデッセイ』は2007年にxbox360用として、
マイクロソフトから発売されました。

FFで有名な坂口さんが製作し、
キャラデザには「スラムダンク」の井上雄彦さん、
ゲーム内小説の執筆には重松清さんということで、
発売前からかなり話題になっていたゲームでしたね。

ロストオデッセイ

端的に言っちゃうと、昔のRPGを最先端のCGとムービーで製作した、
そんなゲームということになるのでしょう。

私は昔ながらのRPGもプレイしますし、
何だかんだでムービーゲームも大好きなんですよね。
ゲーム部分はいたって普通なのでしょうが、
この年(2007年)最も楽しめたムービーゲームということで、
素直に名作と考えて良いのかなと。

逆に昔ながらのコマンド選択式のRPGなんかやってられないって人や、
ムービー主体のJRPGは嫌だって人には、
本作はちょっときついかもしれません。
私個人の肌には合ったのだけれど、
時代はアクション性を取り入れた戦闘であるとか、
ムービーによるストーリー主導でなく自由度も重視した路線とか、
本作とは異なる路線に流行が移りつつありますからね。
そういう意味では、最先端の技術で作られた作品のはずなのに、
時代にやや取り残された感は否めませんけどね。

ストーリー・システム面が普通すぎて書くこともないのですが、
1点だけ思ったことがあります。
本作自体はxbox360初期のRPGということで、
グラフィックが他のRPGを圧倒していました。
だからそれを楽しんだわけですし、
作品に対しては最初は名作とも感じたわけですが、
作った坂口さん自身にはちょっとガッカリした感じなのです。
いや、前から予兆はあったんですけどね。
FF9もグラフィックやサウンドが良かったし、
ストーリーもわりと好みでした。
でも、システム自体は平凡すぎて良くなかったです。
結果的には今回も同じ傾向だったわけで、
もうゲーム作りという観点からは時代遅れになっているのかなと。
ノベルゲームでもこの作品自体は名作、
でもこのライターの次の作品を買う気はしないってのがたまにありますが、
それと同じような印象を抱いたんですよね。
作品自体はその年のRPGでは最も良かったかもしれませんが、
かつては一時代を築いた人だけに、
ちょっと寂しく感じてしまった作品でもありました。

ランク:B(良作)

ロストオデッセイ



関連するタグ xbox360 /RPG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1659-f42bf0be
| ホームへ戻る |