Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~

Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~

『Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~』は2001年にWIN用として、
D.O.(ディーオー)から発売されました。

ジャンル:ノベル系ADV
Crescendo

結局のところ、あなたはゲームに何を求めているのだろうか?
たぶんその答えによって、
このゲームに対する印象はがらっと変わるのだと思います。

本作は画面全体に文章が出るタイプのノベル系のADVです。
結論から先に言ってしまいますが、
もしノベルゲームに一番求めている要素がテキストであるならば、
間違いなくこのゲームは買いなのでしょう。

舞台は卒業を間近に控え、独特の雰囲気が漂う学園。
何となく、『卒業写真/美姫』を思い出しました。
その雰囲気の中で綴られる、主人公と姉との純愛ストーリー。
決して派手さはないけれど、
無駄がなくそれでいて表現豊かなテキストにより、
実に上手く描かれていました。
そういう意味では業界屈指のライターであり、
ここに比重を置くプレイヤーは必見の作品であると言えるでしょう。
テキストの描写だけならば、
間違いなく名作級の完成度を持った作品だと思います。

しかし、ゲームってそれだけなのでしょうか?
本作には音声はありませんし、派手なエフェクトもありません。
(尚、現在はフルボイス版もあります。)
原画も癖が強くて、あまり良いとは思えませんでした。
ゲーム性があるわけでもないし、ボリュームも大してありません。
テキストは抜群でもストーリーそのものは王道路線で、
ちょっと少女漫画ちっくだけれど、
内容にあっと驚くような奇抜さはありません。
つまり、テキスト以外は並かそれ以下の作品なのです。

私は個性を重視しつつも様々な項目を総合的に判断する方ですし、
何より他形式にないものを求めてゲームに手を出した人間です。
この作品のテキストは確かに素晴らしいのだろうけれど、
決定的に私が求めているものと方向性を異にするのです。
この作品を絶賛するのならば、私は素直に小説等を読んでいるでしょう。

仮にゲームに高い評価をしたからって、
そのライターの書いた小説を読む気にはあまりなれないのだけれど、
本作のライターの書いた小説なら読みたいと思わせてくれます。
でも、逆に言えば小説でことたりるわけです。
テキストに絵や音やゲーム性がつくことで、
価格も上昇するけどそれ以上の存在価値を感じさせるのが名作であり、
テキストに大した上乗せが無いのに価格だけ上昇したら、
単純なテキストの評価からかえってマイナスになってしまいます。
総合的に見て確かに良い作品だし出会えて良かったとは思うけれど、
名作と言うにはちょっと違うように思ってしまう、
本作はそんな作品だと感じたものです。

そういうわけで、個人的には良作止まりとなります。
もっとも、これは私の判断基準からはそうなるってことに過ぎません。
冒頭でも書いたように、もしテキストの良質な作品を求めるのであれば、
このゲームは避けて通れない作品の1つと言えるのではないでしょか。

ランク:B-(良作)

Crescendo

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/165-e201b8c7
| ホームへ戻る |