パワードール2

パワードール2

『パワードール2』は1994年にPC98用として、
工画堂スタジオから発売されました。

代表作であるPDシリーズの第2弾になります。

パワードール2

ふと振り返ってみると、当時のPCゲー好きが何人か集まった場合、
やっぱり一番多かったのはファルコムのファンだったと思います。
でも、その集団の中に1人は必ず工画堂スタジオのファンがいたわけで、
身近なところでも親友が大ファンでしたね。

戦術SLG、或いはそれに近いSRPGでも良いのですが、
当時はかなり好きなジャンルだったわけでして。
しかしゲーム機の場合は、FEやタクティクスオウガのように、
出ればかなりの確率で高く評価されるものの、
思ったより作品数自体は出ていなかったのかなと思います。

その点玉石混合だったかもしれませんが、
PC98の方がこの手のゲームは一杯あったわけで、
ジャンルとしての市場的にも成熟していたのではないでしょうか。

そんなPC98の市場の中にあって、
戦術系SLGの代表格として有名だったのが、
工画堂スタジオのパワードールシリーズでした。

このシリーズの特徴は大きく2つあり、
1つは細かく緻密な設定と高い難易度になります。
すっかりヘタレゲーマーとなった今だと、
おそらくクリアできないのではないでしょうか。
非常に難しいゲームだったわけですが、
綿密に考えれば何とかなるので、
コアなSLGファンほど楽しめるタイプのゲームだったと思います。

もう一つの特徴は美少女が一杯出てくることです。
このゲームは美少女たちがロボットに乗って戦うゲームだったんですね。
でもその可愛さに釣られて安易に手を出すと、
予想以上のハードさにビックリしてしまうわけです。
でも思ったよりかなり硬派だったけど、
むしろその硬派さに惹かれてしまったという人もいたわけで、
私なんかがその1人なのでしょう。
一見すると相反するような要素ですが、
上手く融合していたって感じですね。
ハードなSLG部分に、可愛い美少女たち。
ある意味とってもPC98らしいゲームだったのかもしれません。

あえて代表作となると2かなと思って2を挙げてみましたが、
シリーズ通じて良作と呼べる作品は多かったのではないでしょうか。
個人的にはきつさに見合った面白さを感じ取れなかった面があるのと、
94年は個性的なゲームが多くてそっちを優遇したこともあり、
結局は良作止まりになっています。
もう少し明確な特徴があれば文句なしだったんですけどね。
でも親友なんかはこれは名作だと言うでしょうし、
SLG好きであればあるほど好きなタイプのゲームではないでしょうか。
ADV寄りな私のスタンスだとこれが精一杯ってだけで、
名作といわれても何ら不思議でない内容を伴った作品でし、
シリーズ全体を通して見れば優れた名作シリーズだと思います。
まぁ、その後時代はヌルゲーを歓迎する方向に向かったわけですが、
当然ハードなものを望む人だっているでしょうから、
そういう人には今でもオススメできるように思いますね。

ランク:B(良作)

パワードール2

DVDソフトPOWER DOLLS 2 COMPLETE BOX



関連するタグ PC98 /SLG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

パワードール大好きでしたね。
2と2dashが頂点だったと思います。
おっしゃる通りキャラのグラフィックに釣られて購入したユーザーが次々に撃沈しているのは、ある意味で痛快でした。
偵察タイプと汎用型、強襲型などの機種がきちんと区分けされていて作戦が立てやすかったですし、最新機種だけ使ってれば何とかなるみたいな、よくあるゲームとは一線を画していました。
キャラを使い込んでいくと徐々に能力値が上がっていくのですが、この上昇度がかなりゆっくり目で、インフレにはならないバランスも絶妙でした。
最初のうちは能力値と適性のみで出撃キャラと機種を選ぶんですが、何度かプレイしていると思い入れをしていくキャラや好みも機体も出てくるわけで、そうなると性能値を基準とした作戦ではなくなっていくんですよ。
「なに、多少の性能差や能力なんか配置と戦術で何とでもしてやる」なんてね。
これをやるとまた難易度が変わったりするので長く楽しめるゲームでした。

でも残念ながら3以降は評価できませんでした。
安易にリアルタイム制にしてしまってじっくり考える楽しさ面白さをスポイルしてしまったため、別のゲームになってしまいました。
5からはまたターン制に戻ってきましたけど、今度は見づらいクォータービューになってしまい、これも失敗だったと思います。
以降は2D画面と組み合わせたりポリゴン化したりしましたけど「迷走」という感じは否めませんでしたね。
パワードールは2(あるいは2dashまで)と声を大にして言いたいところです。

> 追伸:新ブログの方ですが、コメント投稿が出来ないようです。
> 2と2dashが頂点だったと思います。

同じ考えの方がいて良かったですw

私はそれほど大ファンってほどでもなかったのですが、友人がとにかくこのシリーズが大好きだったもので、その印象が強いですね。
因みにその友人は他にはシュヴァルツシルトシリーズの大ファンでもありました。

シナリオ或いはキャラがたっていながら、それでいてハードなゲーム性もあるSLGとなると、やっぱりPC98は良い機体だったなと。

ゼロ年代以降のパワードールは全くやっていないのですが、今調べたら6が最後なんですね。
リアルタイム性の導入はちょっと個人的な好みとは異なるのですが、いつか纏めてプレイしてみたいものです。
・・・でも、ヘタレた今ではクリアができないですかねw
ちょっと自信がないです。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1648-6334d52a
| ホームへ戻る |