レジェンド・オブ・キランディア

レジェンド・オブ・キランディア

『レジェンド・オブ・キランディア』は1993年にFM-TOWNS用として、
スタークラフトから発売されました。

オリジナルはWestwood Studiosが開発した『The Legend of Kyrandia』で、
本作はそれの日本語移植版になりますね。

レジェンド オブ キランディア

まず簡単なあらすじから入りますと、
悪の魔法使いがキランディアを自分のものにしようとしていることから、
その野望を主人公が阻止できるかっていう、
RPGだとよくありそうなファンタジータイプの設定で、
それをP&C式のADVでやった感じですね。

とにかく描き込まれているグラフィックが綺麗で、
高品質なP&C式ADVが日本語で遊べるってだけでもありがたいものです。

謎解きを間違えると死んじゃうのは好みが分かれるでしょうが、
って言うか私はあまり好きではないのですが、
謎解きの質自体もわりと良かったように思いますし。

ADVの完成度という観点でみるならば、
ルーカスアーツ系と並んで、この年では屈指の作品だったでしょうね。

なので、その辺を重視する人ならば、
かなり高評価な名作になりうるでしょう。
ってか、海外を含めて一般的には名作として名高い作品ですね。

もちろん私も最初は名作だと思ったのですが、
私は個性やインパクトを大事にする方ですし、
おまけに93年はそういうのが一杯ありました。
そういうわけで、出来が良いのは納得するものの、
世間の評判よりはかなり辛くなってしまったように思います。
これで美少女がいれば確実にもっと褒めていたでしょうからね。
まぁこういうゲームは中々ないですからね、
もしプレイできる機会に恵まれたのなら、
ぜひやってもらいたいゲームですね。

ランク:B(良作)

レジェンド オブ キランディア



関連するタグ ADV /P&C式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1640-f29e4387
| ホームへ戻る |