永遠のアセリア

永遠のアセリア

『永遠のアセリア -The Spirit of Eternity Sword-』は、
2003年にWIN用として、ザウスから発売されました。

ジャンル:SLG

永遠のアセリア

今世紀に入ってからのアダルトゲーは、
専らノベル系のADVばかりという印象があります。

とは言うものの、その中にあって2003年は、
比較的SLGの話題作が多かったように思います。

例えば、アリスの『大番長』であり、
エウシュリーの『幻燐の姫将軍2』であり、
そして本作なわけですね。

もっとも大番長と幻燐2は続編や後継作でシステム的に手堅く、
新鮮味に欠けていました。
その点では本作が一番優れていたし、
単純にゲーム性も頑張っていたように思います。

そういうわけで、この作品が評価されるのも十分に分かる気はします。
仮にシナリオもグラフィックも全部同じであれば、
私はこの作品を一番褒めていたでしょう。

ただ、個人的にはいまいちはまれなかったわけでして。
というのも、SLG系のゲーム性に関して言えば、
一般PCゲーとかの方がやっぱり優れているわけです。
なのにあえてアダルトゲームでプレイするのは、
ゲーム性以外のキャラやストーリーや世界観にも期待するからなんですね。

本作の主人公には妹がいるのですが、
これが「キモウト」の語源になったくらい鬱陶しかったわけでして。
非常に珍しい、生理的にもう受け付けないキャラってやつです。
これだったら普通にPCゲーでもやってた方がマシと思ったために、
いまいち楽しみきれなかったというわけです。

キモウトなどと言われるくらいですから、
程度の差はあれ同じように感じた人は他にもいるでしょう。
そうなってしまうと主観的にあまり楽しめなくなってしまうのですが、
あくまでも主観的な話ですので、特に気にならない人もいるでしょう。
そういう人になら格段に高く評価されうる作品だと思いますし、
私の好みが何であれ、
ゲーム性に関しては2003年を代表する作品だと思いますね。

ランク:C-(佳作)

永遠のアセリア



関連するタグ WIN /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1638-90decb47
| ホームへ戻る |