闘神都市2

闘神都市2

『闘神都市2』は1994年にPC98用として、
アリスソフトから発売されました。

『鬼畜王ランス』と双璧をなすアリスソフトの代表作であり、
PC98を代表するRPGでした。

toujin2-1.jpg

<概要>


西の横綱と呼ばれたアリスソフトのPC98時代の最高傑作は、
迷うことなく『闘神都市2』と断言して良いかと思います。

当時、そのストーリーにはただただ圧倒されました。
ゲームをクリアした時には、
もうコンシューマーのRPGには戻れないなって思うくらいに。

ストーリー概略は以下の通り。
シードと葉月は、葉月の父親が営む瑞原道場の門下生にして、
相思相愛の幼なじみ。
葉月は強者ぞろいの瑞原道場でも、
高弟として他の門下生に稽古をつけるほどの腕前であったが、
シードは生来の気の弱さが災いしているのか、
はたまた才能がないのか、いくら稽古に励んでも芽の出る気配すらない。
葉月の父は娘の気持ちを慮りつつも道場主という立場から、
跡継ぎとなるべき娘婿としてはシードを認められずにいた。
そんなある日、師範はシードに「次の闘神大会に出場し、
見事優勝すればお前を葉月の婿として認めよう。
それが叶わなければ、葉月はビルナスと娶らせ、
二人に道場を継がせる」と最後通告を突きつける。

<ストーリー>


闘神大会はパートナーを連れて参加し、
試合に勝てば相手のパートナーを自由にできます
(ここら辺が、アダルトゲームっぽいですねw)。

闘神大会を勝ち進むことを目的とする点では、初代と共通します。
しかし前作の闘神都市は比較的明るい雰囲気であり、
勝ってご褒美のHモードに突入~って軽いノリも含んだ作品でした。

一方の『闘神都市2』ではそうではなく、
「パートナー=愛する女性」を命を懸けて守り通すって感じなんです。
当然ながらシード君は、自分の目的を譲ることはできません。
しかし対戦相手の皆にも、何かしらのやむにやまれぬ事情があるわけです。
故に両者の想いがぶつかり合うイベントは、
必然的に重いものばかりとなってしまいます。

途中のサブイベントにしてもそうです。
2者択一の行動を迫られる場面が幾つかありますが、
自分が楽に勝ち進むためには悪人に徹したほうが楽なんですよ。
でもね、そうすると悲劇にあう人が出てくるわけでして・・・
本作をプレイをしてて常に付きまとっていたのは、罪悪感でしたね。

その胃が痛むような罪悪感にさいなまれながらも、譲れない想いを胸に抱え、
シード君(=プレイヤー)は勝ちあがっていきます。

度重なる死闘の果てに、ついにシード君は優勝。
そして葉月ちゃんと結ばれます。

しかしこの後からが本番なんですよね、実は・・・
このゲームは、ここからが圧巻なんですよ。

優勝はしたものの、シードは主催者に監禁されてしまいます。
ネタバレ回避で上手くかけませんが、シード君はそれからも闘い続けます。
今度は悪人の立場として・・・

その展開もまた、非常に重い。
とにかく、イベントがシリアスで重いんですね。
終始やむを得ないと思いつつも、罪悪感がつきまとう。

単なる勧善懲悪ではなく、キャラそれぞれの思惑が錯綜し、
どの考えも納得できるからこそ、余計にも行動がつらくなるのです。

この悪い流れを断ち切りエンディングへと収束させてくれるのは、
やはりというか葉月ちゃんでした。

toujin2-5.jpg

<キャラ>


この『闘神都市2』の魅力は、重くシリアスなストーリーだけでなく、
葉月ちゃんというキャラの可愛さにもあるでしょう。

瑞原道場の道場主の娘で、かなりの剣豪。
それでいて相思相愛のシードの事だけを想い続ける。

何があってもシードだけを一途に見続けるその健気さに、
心を奪われたファンも多いのではないでしょうか。
これ以上の幼馴染キャラはいないのではとすら思いますよ。

しかもボクっ子で(これでボクっ子属性に目覚めましたw)、
可愛いだけじゃなく無茶苦茶強い。
シードは優勝後、表向きは行方不明になります。
でも諦めきれない彼女は、
シードの後を追うべくなんと翌年の闘神大会に戦士として出場。

そして優勝してしまいますからね。
単に可愛いだけでなく、強い。
それは肉体面だけでなく、精神的にも。
存在自体が強いんです。

プレイヤーにとって彼女の一途な想いは、
重いストーリーの連続の中にあるオアシスみたいなものでした。
98時代最強のヒロインと言って過言ではないとすら思いますね。

キャラ繋がりでもう一つ。
これだけ完璧な葉月。
しかし、ゲームには彼女と人気を二分するキャラが出てきます。
やった人なら当然わかるでしょうけど、クライアのことです。

直接体験するのが一番なんで、詳しくは書きません。
でも、あのイベントは衝撃的でした。
きっと、涙した人も多いでしょう。
(それと同時に新たな属性に目覚めた変人も多いでしょうw)

いずれにしろ、ストーリーと共に葉月とクライアの存在は、
何年経っても私の中で色褪せることはないのです。

かようにストーリー及びキャラは最高だったのですが、
若干補足しておきます。
本作は2とありますが闘神大会等の設定だけが同じで、
1との物語的な関連性はありません。
なので、本作だけのプレイでも全く問題はないでしょう。

それと絶賛したストーリーですが、一つだけ注意点があります。
それは基本的な流れが初代闘神都市と同じということです。
もちろん、テーマや雰囲気は全然違いますけどね。
とはいえ序盤の流れが似てるって点で、
インパクトは若干弱まるかもしれません。
まぁ、全然違ってたら違ってたで、
今度は続編を名乗る意味ねぇ~ってなりかねないですから、
これは難癖に近いかもしれませんけどね。

<グラフィック・サウンド>


グラフィック及びサウンドも充実していました。
当時の最高レベルにあるのは間違いないでしょうね。
ってか、葉月の可愛さが半端じゃないわけでしてw
初めて見た瞬間に惹かれましたからね。

<ゲームデザイン>


システムは、ダンジョンに潜るタイプのダンジョンRPGです。
プレイヤーが扱うのはシード一人なので、戦闘自体は極めてシンプルです。
でも、ロード時間が長くてストレスのたまるRPGよりは、ずっと良いでしょう。
誰だって雑魚相手に時間をかけたくないですよね。
『闘神都市2』は雑魚相手なら、わずか数秒で終わります。
何とも快適でしたよ。
RPGにもいろいろな方向性がありえるわけで、
必ずしも全てのRPGが重厚なシステムであるべきとは思いません。
個人的にはストーリー重視のRPGの戦闘は、これでOKな気がします。
あまり戦闘に時間をかけすぎてしまうと、
ストーリーをしっかりと堪能できなくなってしまいますから。
ストーリー重視なら歯応えよりも、
ストーリーを阻害しないような快適さの方が大事だと思うのです。
本作はその点で、十分機能していたと言えるでしょう。

また戦闘・育成部分は単純だったけど、
ダンジョンの探索部分や、やりこみの要素は非常に良く出来てました。
ボリューム面でも文句なしです。
なのでゲーム部分を総合的に見れば、
RPGファンでも十分に満足できる出来に仕上がってたと思います。

<感想・総合>


当時このゲームは、私にとってアリスの最高傑作なだけでなく、
全RPGの中でもNO1のゲームでした。
これほどのゲームに出会えたことに感謝しつつ、
できれば多くの人に知ってもらいたいと思った一本でした。

ランク:AAA(名作)

闘神都市2

関連するタグ PC98 /RPG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

葉月の魅力にメロメロになった一人です。
雑誌の写真に一目惚れして購入し
オープニングの時点で完全にやられました。
今でも私の中では最高のヒロインです。
ゲームとしても非常に良くできていて
美少女ゲームにのめり込ませた名作ですね。
私もこの作品に出会えて良かったです。
当然3にも期待してますよ♪

>>わふわふさん
葉月は本当に最高でした。
ああいう幼馴染が欲しかったですw
ゲームの出来は素晴らしかったですよね。
RPGのストーリーでは、今でも1,2を争うほどだと思ってます。
3の発売日が待ち遠しいですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1624-c77f47e8
| ホームへ戻る |