ファイナルファンタジー10

ファイナルファンタジー10

『ファイナルファンタジー10』は2001年にPS2用として、
スクウェアから発売されたRPGです。

FFは初代からやってきましたが、結果的に一番好きなFFが10なのです。

ファイナルファンタジーX

<感想>


FFの最高傑作は一体何か?
・・・と聞いたところで答えは人それぞれになるんでしょうね。
人それぞれ感性も違うから、ある意味当然なのでしょう。

でも、1~3が最高とか4~6が最高とか7~9が最高とか、
そういうこの機種のときが最高ってな感じの意見にだけは断固反対です。
システムも雰囲気もガラっと変わるFFで、それはありえないですから。
時々そういう人を見かけますが、
それは単にその時代に一番ゲームに熱中してただけでしょって思うのです。
古いゲームを褒める人をすぐ懐古扱いする人にも反感を抱きますが、
特定の時期のだけを褒める人は懐古扱いされても仕方ないのでしょう。

因みに私の評価している順は10、8、3・・・と続きます。
見事にバラバラw
自分で言うのも何だけど、
1からやってる人で10最高って思う人はそんなにいないかもですね。
でも、それでも言います。FFの最高傑作は10であると。
まぁ他にも同意してくれた人がいたので、
そういう人も結構いるのかもしれませんね。

私は基本的に非アクション系のゲームしかやりませんが、
その範囲内で見た場合、
グラフィックがウリのFFでグラフィックが頂点に達したと言えるのは、
8と10だけだと思います。
1~7まではその機種では最高だとしても、
他機種のRPGやADVとかで上をいってるのがありましたからね。

<ストーリー>


ストーリーや世界観にしても、ありがちなSFC時代までの作品と異なり、
PS以降は独自の世界観を構築できるようになりましたし。

因みに、中世ヨーロッパ風=ファンタジーと勘違いしてる人には、
PS以降のFFはファンタジーじゃないって感じるみたいだけれど、
それは大きな間違いです。
未だにそこに文句を言うようなのがいるから、
懐古を疎んじる若者の気持ちまで分かってしまい複雑になりますけどね。

FFの場合はCGを用いて表現の幅が広がったPS以降になって初めて
ファンタジーと呼べる代物が出てきた感すらあります。
ファンタジーとは、如何に架空の世界観を作り上げるかですからね。
既存の中世ヨーロッパ風の使いまわし(=商業ファンタジー)は、
本質的にはファンタジーではないのですよ。

その点、FF10の世界設定は秀逸だったと思います。
表向きの南国風なイメージも他にはあまりないものだったし、
ストーリーを進めていくと世界の成り立ちまできちんと描かれてますから。
種族による言葉の違いまで表現しており、
そういった細かなこだわりも私には凄く好印象でした。

ストーリーに関して個人的な感想を補足するならば、
母と子の絆みたいな作品は幾つかあったけど、
FF10みたいな父と子の絆っていう作品は案外珍しいのかなと。

<キャラ>


キャラも良かったですね。
FF7以降のFFはグラフィックの向上により、
キャラの要素という点が一番強化されていったと思います。

もっとも7~9では、好きなキャラは毎回いるものの、
数はそんなに多くなかったように思います。
その点、FF10は好きなキャラの数そのものが多かったです。
ユウナは当然としても、他にも男性陣に良い味を出してるキャラが多くって。
アーロンなんかは特に好きでしたね。
個人的にはここのポイントは大きかったです。

<サウンド>


サウンドも相変わらず良好でした。
主題歌も良かったですしね。

それと今作での一番の変化は、何と言っても音声が導入されたことでしょう。
初の音声ということで少し心配したんですけどね、
ティーダの「~っス」って言葉遣いには、
実はプレイ前には抵抗がありましたし。
でも実際にプレイをしてみると、
あぁ単にこういう口癖なんだなって違和感なくプレイできました。
心配が全くの杞憂に終わって良かったです。
いや、むしろ大成功だったのでしょうね。
いろんな種族やキャラの個性を演出する上で、
音声は非常に効果的だったと思います。
同じ内容であっても、読ませる文章と話言葉は違ってきます。
本作は音声の導入にあたって、
そうしたテキストの対応も良くできていたかと思います。
ここら辺は少し侮っていたので、プレイして逆に驚かされました。

<ゲームデザイン>


私が10の発売前までに一番評価していたFFは8ですが、
8は若干とっつきづらい作品でした。
理解できたら最高とも感じられるのだけれど、
多くの人に理解してもらえずじまいな面もありました。
ようは、不親切だったんですね。
その反省もあってか、10はかなり親切に作られていました。

育成システムは、レベルでの上昇ではなく、自分で成長させるタイプでした。
ここは好みもあるでしょうが、
レベルが上がれば勝手に強くなるタイプよりは、
私はこういうタイプの方が好きです。
ただ、レベルの概念が完全になくなりましたからね。
レベル上げが大好きって人には、違和感があったでしょうね。

戦闘では、4から続いたアクティブタイムバトルがなくなりました。
当初は新鮮だったこのシステムも、次第にマンネリ化してましたからね。
もう頃合かと思っていましたから、これは英断だったと思います。

その代わりにプレイヤーの行動に細かいスピードの概念が導入されて、
戦術面はむしろ従来の作品より高まったと言えるでしょう。
それと、毒とかスピードとかの特殊効果の影響も大きくなりました。
従来のFFでは些細なステータスの変動は無視して、
結構力押しでやってたんですけどね。
本作ではその方法は向いてなかったです。
仲間のスピード等のステータスを上昇させ、
下げられる敵のステータスは下げる。
これが実に効果的だったかと思います。
8の反省からかシステムの説明も親切で解りやすかったし、
ボス戦でのシームレスで突入する演出も良かったです。

総じて本作の戦闘面はかなり満足でした。
一つ残念だったとすれば、召喚魔法の方法が代わったことでしょうね。
あまり大げさになってくると面倒くさいって欠点もありましたが、
それ以上にどんな演出だろって毎回期待してましたから。
まぁ、今回の設定では仕方ないんでしょうけどね。

<総合>


ボリューム的にも文句なしでした。
本編のボリュームも十分でしたが、ミニゲームも豊富でしたしね。
FC版のキャプテン翼にはまった人間なので、
ブリッツボールも大いにはまりました。

こうしてみると本当にどこも優れていて、
私が文句がある箇所はほとんどないですね。
FF8程の尖り具合はないけれど、
不親切だった部分もなくなってより万人向けになりましたし、
全体としてはプラスに転じた分の方が多いでしょう。
あまり自分の視野を狭めるような決め付けはしたくないのだけれど、
海外のゲームの進歩等の現状も考えると、
今後FF10以上に高得点を付けるFFは出てこない気もしますね。

ランク:AAA(名作)

ファイナルファンタジーX

ファイナルファンタジーX・X-2 HDリマスター

関連するタグ PS2 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1622-1ff1627b
| ホームへ戻る |