Kanon (カノン)

Kanon (カノン)

『Kanon (カノン)』は1999年にWIN用として、
keyから発売されました。

あなたは物語を見て泣いた事がありますか?           

kanon01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
ある、雪の舞い落ちる冬の日・・・。
俺は駅前のベンチで、いとこの少女、水瀬名雪と7年ぶりに再開した。
今いる場所。
そこは、昨日まで暮らしていた俺が生まれ育った街ではなかった。
急な引っ越しの決まった俺を、快く迎えてくれた名雪とその母親の住む街。
そして、俺にとっては、子供の頃の微かな記憶の中にある、
思い出の街・・・。

<感想>


よく映画や小説で泣いたって人を聞きますが、あれって本当なんだろうか。
それとも単に自分が冷たいだけ?

そう思うくらい、自分は泣いたりする事がなかったんですよね。
もちろん感動するくらいならありますが、
泣いたってのは単なる誇張表現だとばかり思ってましたし。
ましてやゲームで泣くなんて想像すら出来ないありえない話でした。
(年のせいか、最近は涙もろくなってきていますがw)

そんな自分が初めてゲームで泣いたのが、この『Kanon』でした。
泣けたか否か。
理屈で押すのではなく、感情に訴えかける作品であるが故に、
それがこのゲームの価値の大半を占めるといっても、
決して過言では無いのでしょう。

自分がよく例えで言うんですけどね。
人間でも美人ってのは、好き嫌いは別として分かりやすいですよね。
目鼻が整ってるとか、8頭身あってスタイルが良いとか・・・
基準が立てやすいとも言えるでしょう。

でも、可愛いってのは難しくないですか?
あの人が可愛いよって教えてもらっても、
そうかぁ~?って疑問に思った事、誰しもあるのではないでしょうか。
可愛いって基準が人それぞれになりやすいですからね。

『Kanon』は、まさにそんな「可愛い」に属するゲームなんですよ。
ハッキリと誰でもわかる斬新な独自のシステムとかはありません。
緻密かつ計算しつくされた構成や伏線もありません。
人の主観抜きに語れる要素で目立つものは多くはないでしょう。
ストーリーが読んだ人の心を打ったか否か。
ある意味、それだけです。

元祖泣きゲーと呼ばれるくらい、多くの人が涙を流しました。
自分も「普段泣かないのに」、涙した。
だからこそ非常に高く評価してるのです。

<ストーリー>


さて、ここからはもう少し細かく見ていきますが、
ストーリーは大きな分類では恋愛系に属します。
恋愛ものではあるのですが、構造的には、
序盤:日常・笑い→終盤:シリアス・泣きという流れになっており、
その大雑把な流れとしては『ONE』を踏襲しています。

従って『ONE』と同じような路線とも言えるのですが、
『ONE』よりも終盤のシリアス部分を厚くし、
より一層泣きの要素が強調され、
それに伴って泣いたという人が増えたことから、
泣きゲーという言葉が用いられるようになり、
今では泣きゲーとの表現の方が定着したということですね。

ちょっと誤解を招きかねないので補足しておきますが、
私は泣いたから高く評価したのだけれど、
「泣いたこと自体」を評価しているのではありません。
「普段」泣かないのに泣けたということは、
斬新なデザインやシステムや世界観に出会ったのと同じように、
普段の日常で決して得られないものを得ることができたということなのです。
その「普段得がたい経験」をできたということを評価しているわけですね。
だからもし私が物語で頻繁に泣ける体質であったとすれば、
この作品に対する評価はもっと下がっていたでしょう。
まぁ理由はともあれ、
もし泣けなかったならば酷評していたかもしれないわけで、
『kanon』とはそんなゲームだと私は思うのです。

それと、泣きゲーというジャンルを確立したとも言われる本作ですが、
確立というのも実に曖昧な言葉です。
本作をプレイしても泣けない人だっているでしょうし、
逆に本作以前にも泣ける作品だってあるのです。
例えば『同級生2』なんかにしても、
多くの人が泣いたって言っていましたからね。
だから本作によって泣きゲーが登場したと言うと、
それは完全に誤りとなります。
それに90年代前半までは「~ゲー」みたいに、
単一の枠にカテゴライズされるのを嫌う風潮もありましたしね。
時代や価値観が変わり、属性化やカテゴライズがなされるようになり、
それに伴い泣きゲーという言葉が99年に使われるようになり、
そしてそのキッカケとなったのが本作というだけにすぎないのです。
それは作品の変化ではなく、ユーザーの認識の仕方の変化にすぎません。
だから私は一般論としての泣きゲーの確立という言葉には、
作品に対する評価としては何らの価値もないと考えています。
あくまでも自分が楽しめたから評価したにすぎません。

ストーリーは感性に訴えかけ、
泣けるか否かで大きく評価が変わりうるので、詳しくは触れません。
ただ、これはkey作品全般に言えますが、
ファンタジー要素や奇跡という非現実的な要素が多分に含まれているため、
リアリティ「のみ」を追求する人には向いてないかもしれませんね。
まぁ最近の傾向だと、
ファンタジー要素が毛嫌いされるところもあるようですが、
例えば南米文学も現代小説とファンタジーの中間的な構造を採り、
それが世界中でも評価されていますよね。
だからファンタジー的要素があるから駄目だと決め付けるのは、
ちょっと物事を知らないか読書経験が足らないのだと思いますけれど。

<キャラ>


ストーリーに関する泣きゲーという言葉とも関連することとして、
最近少し気になることもありまして。
どうも近年はシナリオゲーと萌えゲーを別物として扱うような見解、
或いは昔はシナリオゲーが多かったのに、
最近は萌えゲーばかりという見解を目にすることが増えたように思います。

それらに対しては、個人的には納得できないことが多いです。
ストーリー性が高いことと萌え要素が高いことは非両立の関係ではなく、
優れたシナリオゲーでありつつ萌えゲーであることも十分にありえるわけで、
シナリオゲーか萌えゲーかで択一的に争うことほど不毛な話はありません。

そもそも、葉鍵自体がそうでしょう。
葉のビジュアルノベルなんかは、
後にいろいろ権威付けようと信者が必死になっていたけれど、
最初に注目された時はキャラに全ての萌え要素があるとの理由でしたし。
記号化された萌えを広めたのが葉の作品であり、
鍵はキャラに個性的な口癖を付けるなどで新たな萌え要素を加えたわけで。

そもそもPC98時代までにも、ノベルゲーもシナリオゲーも多数あったのです。
葉鍵から入った人は単に過去の作品を知らないのか、
意図的に無視するのか知りませんが、それ以前の作品に触れずに、
或いはゲーム性で話題になった作品を比較対象に挙げるという、
意味不明なことをしがちですけれど。
ノベルゲーもシナリオゲーも多数あったけれど、
PC98までと葉鍵では何が大きく違うのかと言うと、
それは強烈な萌えの有無なのでしょう。
葉鍵によりシナリオ重視の時代へというのは信者の妄言でしかないですが、
より正確に妥協点を導こうとするならば、葉鍵の登場により、
「萌えとシナリオの両立したノベルの時代へ」向かったとは言えるかなと。

葉鍵は同人でも人気がありましたが、その最たる理由は萌えなのでしょう。
個性的な口癖でキャラを印象付けるといった新しさも伴い、
key作品は優れたシナリオゲーでありつつも、
同時に優れた萌えゲーでもあるのです。
だからその分だけ、シナリオだけの作品よりも評価も高くなるわけですね。
まぁ結局のところ、平たく言えば「うぐぅ」にハマったとなるのですがw

余談ですが、萌えの伴わないシナリオゲーもいつの時代もあります。
でも、いつの時代も売り上げは伴っていないんですよね。
ネットが普及することで、
WIN以降の作品は名を知る機会が増えたというだけで。
私はストーリーの優れた作品は好きだし、名作と言うことも多いけれど、
アダルトゲームにおいて、優れたシナリオの作品が売れるという、
シナリオゲーの時代なんてのは、基本的に存在しないのだと思います。

<グラフィック>


グラフィック面について、キャラデザは正直好みによるでしょう。
私も最初はkeyの原画が良いとは思えなかったのですが、
ハマってからは大好きになりましたしね。
自分は大好きだけれど、やっぱり好みだろうなと。

ただ塗りに関しては、99年では最高レベルにあったのではないでしょうか。
この部分は、少なくとも『ONE』から一気に進歩しましたよね。
上記のように元々絵柄は好みではなく、
最初から大ハマりしていたというわけでもないのですが、
その時でさえ塗りは良いよなと思っていましたし、
この部分は長所と言えるでしょう。

そして最近のkey作品と『Kanon』『AIR』あたりの違いは、
実はこの部分が大きかったりします。
『Kanon』『AIR』は塗りも最高水準だったから点がついたけれど、
最近はそうでもないことから点がつかないことで、
個人的には総合でも伸びない傾向があるのです。

<サウンド>


そして、『Kanon』の生命線たるのがサウンド。
あらすじだけ見るとそれほどとも思えないストーリーで泣けるのは、
ひとえにこのサウンドがあるからです。
別格としかいいようがありません。

移植版とかでは音声が付いてるのもあります。
基本的に、ゲームに音声が付く事には賛成です。
でもこの作品に限っては、音声はカットしてください。
第一にせっかくの最上級のサウンドも、
音声によって打ち消されてしまいます。
ある意味一番の肝とも言えるサウンドを消してしまっては、
ゲームの魅力も半減してしまいます。

確かに、声優さんらも頑張ってますよ。
でもね、その声優さんらは他のゲームにも出てるんです。
サウンドを消して声だけ聞いてれば、他のゲームと何ら変わらないでしょう。
それでは長所としてポイントにはなりません。
他所にはない最上級のサウンドがあるのだから、
それを堪能してもらいたいと思います。

第二に本来のオリジナル版には声がなく、
故に声なし前提でテキストが書かれているため、
それに声をつけても間延びして不自然さが残ります。
たぶん麻枝さんだかも言っていたと思うのだけれど、
音声なしを前提に書いたテキストに音声を本気で付けるのならば、
テキストそのものも書き換えなければ駄目なのです。
特に『Kanon』は、『ONE』よりテンポが悪いというかやや冗長なんです。
もっとも読んでいる分には、全く気になりません。
しかしそこに声が付くと、声なしより更にテンポが悪くなりますからね。
はっきり言って、私は声の付いたDC版は投げました。
もし私がDC版だけをプレイして、それで作品を知った気になっていたら、
本作を酷評していたでしょうね。何とも怖い話ですが。

テキストの良し悪しや機微なんて理解できない、
音声さえ付いていればOKというのなら構いませんが、
そうでないのならば自分は声付きはおすすめしません。
できれば、声のない本来の姿で遊んでもらいたいなと思いますね。

<総合>


当時屈指の塗りに最高品質のサウンドに強烈な萌えキャラ、
それに初めてゲームで大泣きしたという点が加味された点を踏まえて、
私は高く評価したいですね。

少し大げさかもしれませんが、
何気ない風景を芸術の域に高めたのが「ミレー」の絵なわけで、
私にとっての『Kanon』はそれに通じるものがあるということですね。

ランク:AAA(名作)

kanon Kanon(カノン) 初回限定版

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

kanon懐かしいですね。
プレイしたのはDC版でした。
丁度、DC版が発売されるちょっと前にプレイしたPC版のONEが非常に好きだったので、
PC版KANONを購入しようかとおもいましたが、
DC版は音声が付いているとのことで、どうせ買うなら・・・と思いDC版をプレイしました。
ですが、何か違うなと数時間で止めてしまいました。
数週間後、閃いたかのように音声をオフにしてやりました所、化けましたね。
(追加したものをカットしておいて変な言葉ではありますが笑)
それからは、kanonに限らず音声をオフにすることが多くなりました。
ただ、音声があることを前提に作られたソフトの場合、
音声オフはちょっと食べ残ししてしまうかなあと葛藤することもありますね。

たぶん麻枝さん自身が言っていたように思うのですが、音声付きに適した形で本気で移植するのなら、一から文章を書き直すくらいの気持ちが必要だって。
根本的に、読ませる文章と音声で話す文章は異なりますからね。
『Kanon』のオリジナルには音声がなく、当然音声がないものとして書かれていますし、そのテキストに最高にマッチする形でサウンドが流れています。
ジブリ映画でも脚本ではなくあのサウンドで泣かされたんだと語っていた人がいましたが、良い作品ほど全てがマッチしているのでしょう。
そしてマッチしているからこそ、安易に何かを加えてしまうと、元から有していた魅力まで消えてしまうおそれがあると。
音声がつくと『Kanon』の最大の魅力でもあるサウンドが目立たなくなりますし、読ませることで最適に設定されたテンポが崩れてしまいます。何でも音声を付ければ良いってものではなく、その代表例がkeyのゲームなんでしょうね。
だから逆に、最近のゲームのように最初から音声があることを念頭に書かれたゲームならば、音声ありの方が楽しめるのではないでしょうか。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1620-a46583cf
| ホームへ戻る |