Zork Grand Inquisitor(ゾーク グランド・インクイジター)

Zork Grand Inquisitor(ゾーク グランド・インクイジター)

『Zork Grand Inquisitor』(ゾーク グランド・インクイジター)は、
1998年にWIN用として、
アクティビジョン・ジャパンから発売されました。

ゲームジャンル:MYST系ADV

zgi01.jpg

<感想>


この日本語移植版は98年の発売ですが、
オリジナルはActivision制作で97年の発売になります。

もう発売から10年以上経ってしまいましたが、
ADV最初期から存在するZORKシリーズの最新版というか、
現時点での最終作になります。
まぁ、話は全然繋がってないので、
いきなり本作をやっても全く問題はないですけどね。

前作『ZORK NEMESIS』に関しては既に書いてあるのですが、
水平360度スクロールのCG映像と重厚な世界観が特徴で、
私は名作として紹介をしました。

それに対しての本作なんですが、
正直ZORKファンでなければ良作止まりってところでしょうか。
技術的にはほとんど変化がないので、
ゲーム全体の水準的にネメシスと変わりがないのですよ。
同じ水準の作品ってことは面白さも同じなので、
今やってどっちが面白いの?って聞かれたら、
同じようなものだからあとは好み次第だって答えます。
でも、評価という観点からは、
本作は後発な分だけ下がってしまうわけですね。

まぁ、流石にZORKシリーズというだけあって、
謎解き等のゲームの質は間違いないです。
グラフィック面も前作ほどの革新性やインパクトがないってだけで、
水準的には前作と変わりませんしね。

もっとも本作は単なる前作のコピーではないわけで、
当然ながら異なる部分もあります。
そしてその最たるものが、
ゲームの雰囲気が昔のZORKっぽくなった点にあるのでしょう。
前作のネメシスは1人のADVファンとしては凄く満足できる内容でしたが、
重厚な作品の雰囲気が従来のZORKシリーズとはかけ離れていました。
私は別にZORKファンでもなかったですし、
シリーズとは言っても別個独立した作品ですので、
ネメシスを存分に楽しむことができました。
しかし個々が独立した作品とは言え、
これまでのシリーズ作品内には似通った雰囲気もあるわけです。
その雰囲気が好きだったシリーズのファンだったら、
もしかしたら首を傾げていたかもしれません。
インクイジターは、ネメシスの持つ技術や品質はそのままに、
従来のZORKシリーズの持つ不条理な世界観を再現した作品なわけで、
よりファン向きの内容に作られた作品でした。

高い完成度は保っているものの、
前作から進化がないために私の評価的には良作止まりとなったわけですが、
昔の雰囲気に近くなったというのはファンには嬉しいですからね。
そういう意味では、大きな意味があったといえるのでしょう。
例えればネメシスは番外編で、
インクイジターが正当な後継作といったイメージでしょうか。

とりあえずこんな人にオススメって観点ですと、
やっぱりZORKファンやZORKを感じてみたい人向けってところですかね。
これより新しい作品もないので、
そういう意味では今でもやってみる価値はある思いますよ。

ランク:B(良作)

ゾークグランド・インクイジター

関連するタグ WIN /ADV /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/162-6f728d37
| ホームへ戻る |