『虜』は1996年にD.O.から、
WIN用として発売された調教SLGです。

これがwindows時代の調教SLGだということで、衝撃的な作品でしたね。

虜

<概要>


育成SLGのアダルトバージョンとでもいうべき、調教SLG。
その元祖的な存在である『SEEK』が発売されたのが1995年で、
翌年である96年にD.O.から発売された調教SLGが『虜』でした。

96年には既にWIN95が発売されていたのですが、
新しいOSが出たからと言って、ゲームがすぐに変わるわけではありません。
アダルトゲームにおいては、まだまだ主流はPC-98用のゲームでした。
一般PCゲーにしても、WINDOWSの機能を活かした国産ゲームってのは、
実際には皆無と言って良いほどでした。
アダルトゲームになると尚更ですね。
そう考えると、『虜』こそが初めてWIN用である事を活かした
アダルトゲームと言えるようにも思います。

<グラフィック>


原画は広崎悠意さんです。
本作の場合、広崎さんが原画・ゲームデザイン・シナリオを担当しています。
ストーリーとゲーム部分を両方やる人はたまにいますが、
商業で絵までやっちゃう人は非常に珍しいですね。

その原画なのですが、広崎さんの絵は、ちょっと癖があるように思えて、
それで最初見た時は自分も抵抗がありました。
たぶんアダルトゲーム初心者で初めてみた人の多くは、
この絵をとっつきづらく感じるのではないでしょうか。
しかし何作もプレイしていると慣れてきますし、
実際にやってみると、体形の細かな違いの表現といい、
その実力は素晴らしいの一言につきます。
むしろ、今ここまで書き分けられる人は稀でしょう。
最近はこういう絵を描ける人が減って残念ですね。

また、本作は調教シーンにアニメーションが使用されてるんです。
このアニメの出来も良かったですね。本当に96年製?ってくらいに。

<サウンド>


さらに、フルボイスで声優さんも熱演してます。
WIN用に移植された移植版では音声が追加されるケースも多かったですが、
WIN用の新作では音声がないケースが多く、
アダルトゲームの新作でフルボイス自体が珍しかった頃でしたからね、
新作で音声が付いただけでも満足です。
それに加え、D.O.は声優の起用に積極的だったのもあり、
早くから声を入れつつもどの作品も高レベルでした。
この音声のプラス分も大きいと言えるでしょう。

<ゲームデザイン>


ゲームシステムは調教SLGのセオリーを踏襲って感じですが、
歯ごたえは十分でした。
ってか、今だと難しくてクリアできないかもしれません。

尚、鞭で叩くコマンドを選ぶとどこを叩くか指定でき、
叩くと鞭の痕が残ります。
こうしたADVの画面クリック的要素も取り入れる事で、
よりいっそう自分が調教してる気になれましたね。
ゲーム部分には革新的な部分はあまりないのかもしれないけれど、
随所で工夫の跡がありますし、完成度は十分と言えるでしょう。

<ストーリー>


総じてどの部分も素晴らしく、調教SLGの最高傑作とさえ思います。
もっとも、実は他の調教SLGとも趣向が違うんですよね。
つまり他の調教SLGの多くは、調教というSM行為自体が目的なわけです。
しかし、『虜』は行為自体は手段でしかありません。

パッケージを開けてすぐ目に入ってくる言葉、「支配と服従に優る絆はない、
それの前には恋愛などただの戯れ事でしかないだろう。」・・・以下略
主人公には、こうした確固たる信念があります。
ヒロインの人間としての尊厳を破壊し、従順な奴隷へと仕立て上げる。
その徹底した姿勢がゲーム全編で貫かれており、
ヒロインらが徐々に変化していく様も丁寧に描かれています。

調教というのは直接的には肉体面に影響を与えるわけだけど、
『虜』はその先の精神に与える影響を重視してるんですね。
この精神面の取り扱いが、他の調教SLGと『虜』のもっとも異なる面であり、
多くの人に支持されてる所以なのだと思います。

やってて、人間失格じゃね?って思うこともあるでしょう。
しかし、クリアした時にはきっと、
新たな価値観に目覚められるのではないでしょうか。
それはそれでまた一興かと思いますよ。
責任は負いかねますけどねw

<感想・総合>


かように初期のWIN用のゲームでありながら、全ての要素が群を抜いていました。
調教SLGの最高傑作は間違いなく虜であり、
現在の基準で見ても尚虜を超える物が無いほどに優れていました。
調教SLGを語るのに、虜をはずすことは絶対に出来ないでしょうね。
そして今現在、
こうしたシナリオを書ける人はアダルトゲーム界にいないでしょう。
残念な事にね。
そうである限り、『虜』は調教ゲームというジャンルにおいて、
至高の存在として今後も輝き続けるのだと思います。

ランク:AAA-(名作)

DL版
虜

関連するタグ WIN /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

この人がいなくなってDOは廃れました。
自分は「妖獣戦記」がここのメーカーのベストなんですが。
「虜」以上に育成要素を満たしているゲームはエロゲにはないのでは?
それに三人いる一人しかEDはみられないし…
自分はDOSのエディタを使ってみたのですがそれでも隠しパラがあって
CG全然あつまりませんでした。
学生だったら再トライしたいですね。

>>森乃やまねさん
D.Oは、『虜』と『妖獣戦記2』が2枚看板って気がしますね。
当然『妖獣戦記2』についても、いつかは書こうと思ってますし。
『家族計画』も名作だけど、やっぱりD.O=広崎さんのイメージなんですよ。
広崎さんがいなくなった時点で、違うブランドになった感じでした。
ゲーム部分に関してはどうなんでしょうね。
自分はトータル的には『虜』が断トツで最高だと思うけど、
ことゲーム部分に関しては『SEEK』や『DEEP』もありますし。
それぞれのファンに語らせたら長くなるかもですねw

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1617-218021cc
| ホームへ戻る |