レッスルエンジェルス2

レッスルエンジェルス2

『レッスルエンジェルス2 トップイベンター』は1992年にPC98用として、
グレイトから発売されました。

シリーズ第2弾で、「むとめ」と「ちだね」が登場した作品でしたね。

WA2-01s-.jpg

<概要>


女子プロレスの世界を舞台にした、レッスルエンジェルスシリーズ。
PC98時代にはリメイク作品を除くと、
ナンバリングタイトル3作にSPの計4本が発売されました。

本作はシリーズ2作目となる作品で、
主人公は交代するものの、流れ自体は前作からの続きになりますし、
主要なキャラは共通しますので、
できれば初代からプレイするのが望ましいのでしょう。

<ゲームデザイン>


ゲームに何を求めるのか。
私はとりあえず優れたストーリーに可愛いキャラ、
それに斬新なシステムがあればそれで大満足です。

とはいえ、それを揃えるだけでも大変なのが現実です。
ADVはストーリー・キャラが良くてもゲーム部分がいい加減なのが多いし、
SLGはゲーム部分に特化してストーリーやキャラがいい加減だったり。
RPGは中間というか、悪く言えばどっちつかずですから。
近年はジャンル間の垣根が減ってきてあまり参考にならないですが、
こういうジャンル的な特徴は90年代前半までは特に顕著でしたよね。

だからこそたまに例外が出てくると、もうそれだけで興奮してくるのです。
『レッスルエンジェルス』シリーズなんて、その良い例なんでしょう。

ゲームの基本はSLG。
具体的には試合というSLGパートと、
その合間のストーリーモードの繰り返しになります。
流れ的にはFCの『キャプテン翼』とかに近いものがありますかね。

試合は配られたカードを使用する、カードバトルになります。
シンプルだけど意外と熱くなったものです。
システムというかストーリーというか、
このゲームには水着剥ぎモードがありまして。
試合に勝つと、相手のユニフォームを剥ぎ取るわけです。
こういう展開は燃えますよねw
WA2-02s-.jpg

それ程作りこまれてはいませんが、
カードバトルによるプロレスSLGなんて他になかったですからね。
物珍しさもあってダレずに楽しめました。

また、この当時のSLGはキャラに力を入れた作品は少なかったです。
しかし本作は女子プロレスの世界が舞台であり、
可愛い美少女がたくさん登場します。
好きなキャラが一杯出てきましたからね、もう満足でしたよ。

<ストーリー>


いわゆるストーリーが良いってのとは、微妙に違うでしょう。
しかし、女子プロレス業界っていう設定がまず新鮮でした。
2作目ということで、前作よりもストーリーのボリュームも充実。
内容的にも、いわゆるスポ根物としては良く出来ていたと思います。
80年代を体験した私はアニメや漫画でもスポ根物大好きですから、
主観面でも大満足でした。

珍しい設定に、可愛いキャラ。
ゲームシステムも珍しい上にそこそこ遊べる。
ここまで揃えてくるゲームってなかなかないですからね。
しかも単に珍しいだけでなく、
スポ根要素等の王道的だけど好きな要素が他にも詰まってますし。
以前書いた『無人島物語』なんかとも共通するんですけど、
いかにも私好みなゲームなのですよ。
こういう路線が好きな人には、きっと満足できる作品だと思いますね。

<キャラ>


ところで、プレイヤーは「むとめ」こと武藤めぐみと、
「ちだね」こと結城千種のどちらかを選び進めることになります。
尚、前作の主人公であるマイティ祐希子は、
本作では既に女王として君臨しています。

私は好みに関してはオーソドックスでしたから、
メインヒロインに自然に惹かれていっちゃうタイプなんですよ。
そういうこともあって当時一番好きなキャラは、
断トツでマイティ祐希子でした。
2の主人公では「むとめ派」になりますかね。
当時はむとめばっかりだった気がします。

その後何年かたっていろんな見方ができるようになると、
(単に節操がなくなっただけとも言うw)
ちだね可愛いじゃんって思うようになりましたけどね。
今はどっちかって言うと、「ちだね派」かな~?
う~ん、まぁ結局は皆可愛いってことですね。

<感想・総合>


とにかく当時は可愛いキャラが一杯いるだけでも、強力な長所と言えたでしょう。
そんなSLGってなかったですからね。
(オッサンが一杯のゲームはあったけど・・・)

そんな感じで、『レッスルエンジェルス2』の魅力は一杯あります。
ただゲーム部分は珍しさに助けられた部分もあったので、
ゲーム部分だけに興味のある人は(そんな人がいるとも思えませんが)、
ちょっと物足りなかったかもですね。

尚、このレッスルエンジェルス2と続編の3が一緒になった
『レッスルエンジェルス ダブルインパクト』がPCEでも出ています。
2本セット+音声付ということで、
お得な上にファンなら気にならざるを得ない内容となっています。
ただ、いかんせんロード時間が長かったです。
このロード時間はちよっと致命傷になりかねないレベルだったので、
残念ながら諸手を挙げてオススメとは言いにくいんですよね。

ランク:A(名作)

PC-9801 3.5インチソフトレッスルエンジェルス2 トップイベンター

関連するタグ PC98 /SLG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1610-d619652f
| ホームへ戻る |