イノセントトゥアー

イノセントトゥアー

『イノセントトゥアー』は1996年にPC-98用として、
KSSから発売されました。

製作はロングショットで、
『メルクリウスプリティ』や『ピクシーガーデン』も作った所ですね。

ゲームジャンル:RPG風ボードゲーム
it03.jpg

<概要>


ジャンルは一言だとボードゲームになるのでしょうが、
RPG風味のすごろくゲームといった感じで、
RPGの良さをすごろくとを上手くミックスさせた作品でした。

<感想>


さて、基本はすごろくなので、
ゲームの目的はライバルキャラより先にゴールすることが目的となります。
普通のボードゲームはサイコロを振るのですが、
本作ではサイコロの代わりに数字の書かれたカードを引きます。

因みに、グラフィックは桐嶋たけるさんで、
当時人気だった「極道君漫遊記」のイラストを描いている人ですね。
it04.jpg

で、カードを引いたら進むわけですが、
RPG風味ということで戦闘があったりします。
また魔法をライバルキャラにかけたりもできるので、
いろんな駆け引きも楽しめます。

基本的に良く出来ていたんでしょうけどね。
主人公も3人から選べてそれぞれにストーリーがあるので、
ボリューム的にも問題ないですし。

でも、1面をクリアするのに結構時間がかかったわけでして。
それでいて途中で止められないですし。
しかも運も影響するので思ったようには進行しませんから、
何度もやり直す羽目になりました。
はまる人にははまる要素も多いのでしょうが、
ってか、私は結構楽しんだんですが、
時間が取れる人以外には勧めにくいゲームでしょうね。

そもそも、98末期の一般ゲームなので、
知名度がかなり低いようです。
(私の周り、結構評判になった気がするのですが…)
この年はアダルトゲームのボードゲームも豊作でしたし、
興味のある人もアダルトゲームから手を出すでしょうしね。
売れる要素がとことんなさそうです。
よく製作のGOサインが出たなとも思いますが、
売れる売れないと面白さは別ですしね。
ちょっと不親切なので名作とは言えないかもしれませんが、
あまりないタイプのゲームですので、
十分に良作とは言って良いようには思えますね。
っていうか、やりだすとずるずるはまっていきますし、
主観的にはかなり面白いんですよね、これ。
1年早ければ、たぶん名作扱いしていたでしょう。
また時間が取れればゆっくりやってみたいゲームの1つでもあり、
評価以上に好きな作品でしたね。

ランク:B(良作)

イノセントトゥアー

関連するタグ PC98 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

これ、大好きでした。
3人のヒロインがいいんですよね。
絵が綺麗で難しくって結局投げちゃいましたけど…
KSSはバグが多くて何ですけど好きでしたねー

これ、絵もキャラも良かったですよね。
ゲーム部分も凝っていたし、面白かったです。
でも、難易度の高さから諦めちゃう人が多いので、そこだけは改良して欲しかったですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/160-baffc22f
| ホームへ戻る |