東京トワイライトバスターズ ~禁断の生贄帝都地獄変~

東京トワイライトバスターズ ~禁断の生贄帝都地獄変~

『東京トワイライトバスターズ ~禁断の生贄帝都地獄変~』は、
1995年にPC98用として、日本テレネット(ウルフチーム)から発売されました。

遊べるADVとして、98時代でも屈指の作品でしたね。

TTB08.jpg

<総論>


3人称視点のP&C(ポイント&クリック)式ADVは、
長年にわたり海外のADVの主流システムでした。

しかしながら国内では、
現在はほとんど見かけることがありません。
もっとも、決して皆無というわけではなく、
PC98時代のADVには少なからず存在しており、
中にはとんでもない傑作も存在するのです。

その代表例が本作であり、
『東京トワイライトバスターズ』はまさに傑作中の傑作でした。

<ゲームデザイン>


上記のように一言で表現しようとするとP&C式ADVになるのですが、
二つの異なるシステムから成りたっており、
若干変則的な構造になっています。

1つは、どこかに移動したり誰かと会話したりする普通のADV部分で、
ここは正確にはコマンド選択式のADVとなります。
主にストーリーを進める場面で用いられます。

もう1つはダンジョンみたいな所を探索するモードで、
そちらに移るとP&Cスタイルになるわけです。
そして『東京トワイライトバスターズ』は、
この探索モードが非常に面白かったのです。

具体的にはまず、プレイヤー側は最初は1人で行動します。
それが次第にRPGのパーティのように人数が増えていき、
最大で同時に4人を一緒に行動させることが出来ます。

もちろん4人で一緒に行動してもかまいません。
硬い扉を破壊するのなんかは、
1人でやるより4人の方が絶対早いですから、
一緒に行動するのが基本となるでしょう。

しかし例えば扉があって、
その扉は遠くにあるボタンを押さないと開かないとします。
この場合には、パーティーを2つに分けてボタンを押す役割と、
扉の先に進む役割とに分担しなければなりません。
そしてその2つのパーティーを、
プレイヤーは交互に扱わなければならないのです。

そう、ザッピングシステムなんですね。
しかもただ切り替えるだけではなく、
片方がもう片方にも影響を及ぼすという意味では、
マルチフラグ的でもあるわけです。
このザッピング+マルチフラグを如何に上手く使えるかが、
ゲーム攻略の最大のポイントなのです。

上に書いた例だと、とても簡単に思えるでしょう。
もちろん、これは初歩中の初歩にすぎません。
ゲームが進行するに従い、段々と難しくなっていきます。
操作もそうですが、どのタイミングでパーティーを分断すべきか、
どのタイミングで切り替えるべきか。
プレイヤーが判断すべき事は山ほどあります。
この探索モードには時間制限がありますからね、
ボヤボヤもしてられません。
ザッピングをここまで上手く扱ったゲームって、
他にはまずないのではないのではないでしょうか。
非常に良く練られてありましたね。

そして忘れてならないのは、
ザッピングがあるから即面白いとなるわけではないことです。
基本的なシステムがしっかりしているからこそ、
プラスアルファのザッピングが更に引き立ってくるのであって、
基本がないただのザッピングだけのゲームだったら、
ここまで面白いとは感じられなかったでしょう。
本作の探索モードはP&C式ADVという基本システムを採用しています。
クリックできる箇所も多かったし、
あちこちクリックしたらいろんなアイテムが次々に手に入るので、
クリックする楽しみが十分に用意されていました。
ザッピングがなかったとしても、
この要素だけで十分に楽しめる出来でしたね。

したがってP&C式ADVとしても、
ザッピング+マルチフラグADVとしても、
その両面で傑作足りうる非常に面白いゲームでした。

もう一つ、こちらは細かいシステム部分の補足になりますが、
探索モードは時間制限がありますので、
時間切れでゲームオーバーになってしまうこともしばしばあります。
しかしゲームオーバーになってもやり直しが容易なので、
難しいながらも親切な配慮があると言え、非常に遊びやすかったですね。

<ストーリー>


TTB09.jpg

ストーリーは伝奇ものになります。
時代設定は大正十二年であり、父親が消息を絶ったとの報を受け、
急遽イギリスから帰国した草薙祥が、父の足取りを追ううちに、
数々の怪事件に巻き込まれていくという内容です。

伝奇であるとか、大正時代を舞台にした作品というのは、
それだけで好きだよって人も結構いると思います。
確かに今でこそ腐るほど出てるジャンルではありますが、
伝奇も大正ものも当時はほとんどなかったですからね。
完成度は格別に高いとまでは言えないのかもしれませんが、
当時はオンリーワンな存在でもあり、
プレイをしていて常に新鮮に感じました。
製作者によると本来の予定より若干削られたらしく、
そこだけは残念でしたけどね。
もし完全版が出たなら、多少高くても絶対に買うでしょう。

<グラフィック・サウンド>


PC98末期ということもあり、
グラフィックも雰囲気がある上に綺麗でした。
ドット絵の書き込みはまさに職人芸の域でしたし。
やっぱりドット絵はPCゲーに限りますよね。
この雰囲気は、移植では再現できないでしょうから。
98ゲーを直にプレイできた人のみの喜びかもしれません。

また、MIDI音源搭載で、サウンド面も迫力十分でした。
特に探索モードでの緊張感は、
サウンドの影響も大きかったのでしょう。

<感想・総合>


遊べるゲーム性の高いADVとしては、
間違いなく国内屈指の出来でしょう。
できればここの製作陣によるADVをもっとやってみたかったものです。

本作はPC98末期の一般PCゲーであり、
発売時期が悪かったこともあって、長い間幻の作品でした。
ヤフオクでも凄く高額でしたし。
遊びたくとも遊べない、
他人に薦めたくとも薦めにくい時期が続きました。
今はDSでも出ているので、その点では便利になりましたね。
まぁ、繊細な作品ですので、
DSでどれだけ再現できたか疑問ですけどね。
ちょっとした違いで印象が大分変りますから。
個人的にはEGGとかの方がオススメかなと思います。

ランク:AA(名作)

東京トワイライトバスターズ

関連するタグ PC98 /ADV /P&C式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

こんにちは
このゲームを語ってくれる人がいるなんて。。!
私の中ではYU-NOと並ぶADV作品です。
ちょっと前久しぶりにやったら難しすぎた--
アイテム改造して爆薬で扉壊しまくったのは秘密です。

>>oxさん
このゲームは、本当に全てが高水準の良いゲームでしたよね。
ただ、私も今やったらかなり手こずるかも。
今度DSで出るみたいなんで、知名度はあがるかもですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1598-2503b7c7
| ホームへ戻る |