SYBERIA (シベリア)

SYBERIA (シベリア)

『SYBERIA (シベリア)』は2002年にMicroidsからWIN用として発売され、
翌2003年に日本語化されました。

国外では標準形式でありながらも、
国内では珍しいP&C(ポイント&クリック)式のADVです。

syberia51.jpg

<感想>


マルチメディアという言葉がもてはやされ、WIN95が馬鹿売れした時代。
国外におけるADVはMYST系が全盛でした。
このようなMYST系ADVは、国内でも数多く翻訳・移植されてましたね。

しかしブームが過ぎ去り、主に移植をしていたゲームバンクが倒産。
国内のADVは、ノベルものを除き激減しました。

国外では『The Longest Journey』などが登場し、
P&CタイプのADVが復権を果たしたかに思えましたが、これもまたすぐに失速。
海外においてもADVはどんどん勢いを無くしていくことになります。

そんな状況の下、2002年に発売されたのが『SYBERIA』でした。
当時世界最高クラスのグラフィックに加え、
世界観の持つ雰囲気や主人公が女であること等、
既に最高傑作の呼び声も高かった『TLJ』との類似点も多く、
絶えず比較されながらも本作も絶賛されました。

本作は2002年のADVにおける賞を総なめしました。
GAMESPOTで9点台を叩きだしたADVも、これ以後は存在していません。
有力な対抗馬がいないという事情はありますが、
それを差し引いても賞賛に値するでしょう。

その大絶賛された『SYBERIA』が日本語化されたのが2003年。
まさかって、凄く興奮したのが半分。
もう半分は、英語版既に買っちゃったじゃんかよって悔しさでしたねw
国内におけるP&C式ADVの久しぶりの大物。
それが、『SYBERIA』だったのです。

P&C式ADVって何ぞやって人もいると思いますが、
『SYBERIA』はCGの背景の上でポリゴンのキャラを動かし、
画面上のあちこちをクリックして謎を解いたり、
フラグを立ててストーリーを進めるゲームと言えば解りやすいでしょうか。

ん~、でも3人称視点のMYST系とも言えるのかもしれません。
この辺、ちょっとビミョ~です。
つまり、中間っぽいんですよね、コレ。
プレイヤーが表示されるしストーリーも楽しむので、
基本的にはP&C式ではあると思うのですが、
テキストを楽しむより絵や音で世界観を楽しむ意識の方が強いですし、
パズルのような謎解きも一杯ありますからね。
個人的には生粋のP&C式ADVが好きな人よりも、
MYST系ADVが好きな人の方が向いていると思います。

グラフィックは確かに、2002年の水準では最高ランクでしょう。
無機質な世界観も独自性があり、素晴らしいものでした。
ゲーム性の点でも現代っぽく携帯を攻略に使用する場面があり、
新鮮味もありましたね。

syberia20.jpg

と言うわけで、傑作であることに異論はないでしょう。
これを完全に上回ると断言できるADVもそうはないと思います。
他方で、海外での絶賛ぶりはちょっといきすぎな気もしました。
そこまで絶賛されるほどの出来か?と思うのです。

移動等各所でTLJよりも不親切ですので、
ADVに慣れていない人だとストレスを感じることもあると思いますし。
実際、国内での批判の一番目立つ部分もそこにありますしね。

また、『SYBERIA』はこれ単独では完結しません。
ストーリーに関しては『SYBERIA2』をクリアして初めて完結するのです。
それに伴い、ボリュームも他の大作には及びません。

例えば、国内の同人市場では『月姫』に続く作品が待ち望まれ、
『ひぐらしなく頃に』はその完成度以上にもてはやされた感があります。
同様に、TLJで活気を取り戻すキッカケを掴んだ海外ADV市場が、
流れを逃すまいとして期待したのが本作であった。
そんな感じがするんですよね。

とはいえ、国内では希少なP&C式ADV。
それも歴代ではどうあれ、近年では間違い無しの傑作。
その存在価値は計り知れません。
ADVや謎解きに飢えてる人、独特な世界観に酔いしれたい人は買いでしょうね。

最後に余談ですが、日本語版は、「シベリア」って題名になってます。
ゲームは架空のシベリアを舞台にしてるけど、シベリアではありません。
だからこそのSYBERIAなので、カタカナならサイベリアでしょうに。
この会社の前の作品に『AMERZONE』って作品がありました。
架空のアマゾンを舞台にしてるんですけど、アマゾンではないのです。
この場合も、アメルゾーンでしょう。
何故に『シベリア』なのか、実に不思議ですね~

ランク:AA-(名作)

シベリア

関連するタグ ADV /P&C式 /WIN /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1587-a9b00d69
| ホームへ戻る |