DE・JA2

DE・JA2

『DE・JA2』は1992年にPC98用として、
エルフから発売されました。

デジャシリーズの2作目であり、
当時最高のシナリオとボリュームを有した作品でした。

deja2-01s.jpg

<はじめに>


優れたストーリーを書けるライターっていうのは増えてきていますが、
ADVにおいて斬新なゲームシステムをも構築できる人、
或いはストーリーと融合したゲームデザインを描ける人っていうのは、
むしろ減ってきている気がします。
従って、これらができるゲームデザイナーは本当に貴重です。
その中でも、80年代のADVならば堀井雄二さんが別格でした。
90年代ならば、間違いなく剣乃さんと蛭田さん抜きには語れないのでしょう。

ただ剣乃さんの場合なら私は『YU-NO』を一押ししますが、
他の2人は必ずしもこれって言い切れない面がありまして。
堀井さんの作品の中では、私は『オホーツクに消ゆ』が一番好きです。
システムの斬新さとか事件の派手さとかなら、オホーツクが一番なんですよ。
私はそういう点を高く評価しがちですからね、
だからオホーツクが一番好きなのです。
ただ、周りでは案外『軽井沢誘拐案内』が一番って人も多くて。
斬新なシステムはなくて事件も地味なようでしたが、
徹底的に作りこまれた内容とテキストの充実度が素晴らしかったですからね。
軽井沢が通好みの作品として支持されるのも納得です。

さて、これを踏まえてそろそろ本題に入りましょう。
90年代のADVを語る上で絶対に避けては通れない、
そんなゲームデザイナーの一人でもある蛭田さん。
彼の一番の代表作と言えば、多くの人が『同級生』を挙げるでしょう。
私も1本選べと言われれば、間違いなく『同級生』を選びます。

その『同級生』の最大の魅力はシステム面にありました。
システムの持つ斬新さと派手なインパクトに、つい心を奪われたものです。
ただ、蛭田さんの魅力はそれだけではありません。
蛭田節とも言われるそのテキストやストーリーもまた、
強力な魅力だと言えるでしょう。

ではストーリー面でも『同級生』は最高なのかと聞かれると、
私は即座にノーと答えますね。
もちろん、『同級生』のストーリーもテキストも素晴らしかったです。
同時期の他社の普通のゲームとは比べ物にならない程でしょう。
だから多くの人が恋愛ゲームの魅力にも気付いたわけですしね。

しかし、それでも蛭田さんの中では一番ではないと思っています。
というか、蛭田さん自身も言うように、
『同級生』はイベントの集合体でありストーリーはないのですよ。
蛭田節が一番存分に発揮されつつ、
ストーリー面でも蛭田作品の最高傑作となると、
やっぱり大長編の『DE・JA2』だと思うのです。

明確に違いを表現できるシステムと違って、
ストーリー・テキスト面は明確に差異を示せないですからね。
また、人によって好みや感性も違いますし。
だからどうしても意見は分かれるだろうし、
『同級生』ほどのインパクトもないですけどね。
しかしながら、本作をやった人の多くは、
おそらく賛同してくれるかと思うんですよね。

<ストーリー>


そのストーリーなのですが、ジャンルは冒険ものになるでしょうか。
考古学者である主人公の「はつしばりゅうすけ」が、
今度は水晶ドクロの謎を追って冒険に出かけます。

さながら、和製インディージョーンズって感じですね。
これをプレイしてた当時は考古学者に憧れたり、
オーパーツに興味を持ったりしてましたっけ。
あぁ何か若き日を思い出しますねw

この年の傾向なのかどうかはわかりませんが、
『DE・JA2』には結構鬱になるシーンもありました。
鬱ゲーっていうと、この年の『狂った果実』ばかりが有名ですが、
どちらかと言うと『狂った果実』は場面場面での瞬間的な鬱だと思います。
他方の『DE・JA2』は一緒に行動していた人が酷い目にあったりするわけで、
流れの中から生まれる鬱でした。
思い入れのある人が酷い目にあうことが堪えるって人には、
『狂った果実』よりむしろこっちの方が鬱になるんじゃないかな。
単発のシーンで判断する人だけでなく一連の流れで考える人もいますからね、
ここは結構人によって甲乙が分かれるかと思います。
因みに、個人的には『DE・JA2』の方が堪えたし、好みですね。

序盤はゆったり蛭田節によるギャグを堪能しながらも、
終盤の怒涛の展開は圧巻で、ストーリー自体にはもう大満足でした。
しいて言うならばオチのネタが、
シンキングラビットのカサブランカと似てましたかね。
なので、その点で驚きが少なかったって人はいたでしょうね。
まぁ、その意味で厳密に言うならば、
ストーリーの一点が最高というわけではないのでしょう。
本作は、それ以前の狭義のストーリーだけ良い作品とは異なり、
クリック時のテキスト変化による横の広がりも含めた上で、
総合的に最高だったということですね。

<キャラ>


本作は2作目ですが、
相変わらず「りゅうすけ」と「がちゃ子」は最高でした。
キャラというかテキストというか、読んでてとにかく楽しいのですよ。
それとね、キャラが大人だなって感じられるのが、
今にしてみると大きいです。
子供っぽいお茶目な面は随所にあるんですけどね、
本質的に主人公の精神年齢はこちらより上です。

最近のゲームはキャラのそもそもの設定年齢が低いだけでなく、
仮に高く設定していても中身の精神年齢が低いです。
言葉は悪いですが、出てくる人物が皆お子様ばかりなんですよ。
ここら辺からくる違和感が、年を追うごとに私には辛く感じてしまって。
そうなってくると『DE・JA2』のようなゲームは、
余計にも価値が出てくるのです。
昔面白かったのに今やると楽しめないってゲームも多いですが、
『DE・JA2』はむしろ逆で、どんどん貴重に思えていってしまうわけでして。
萌えられるキャラは毎年のように新しいキャラが出てきますが、
りゅうすけとがちゃ子の魅力はいつまで経っても色褪せる気がしないですね。

<ボリューム>


また当時のADVは、ボリュームが非常に少なかったです。
数時間で終わるものも多かったですから。
いや、少なかったというより、
ある時期を境に少なくなっていったという方が正しいでしょうか。

コマンド入力式から選択式に移行した時点で、総プレイ時間は減りました。
って、一言だとそうなるんですけどね。
実質的に見ると状況はもっと複雑で、コマンド選択式の最初期では、
総プレイ時間は変わらなかったと思います。
80年代的コマンド選択式はコマンド数が非常に多く、
考えさせる作品も多かったですから。
その後、CSのADVを中心に誰でもクリアできるように、
コマンド数を減らすようになりました。
それでも当初はボリューム不足を感じさせないように、
同じコマンドを何度も繰り返させることで、
問題を解決しようといた作品もありました。
ただ、この方法はプレイヤーに嫌われることも多かったので、
80年代末から90年代初め頃に入ると今度は必要なコマンドだけが表示され、
更にコマンドの繰返し回数の少ない作品が増えていきました。
それによって多数のコマンドを繰り返す煩わしさからは解放されたものの、
逆に総プレイ時間が大幅に減ったのです。

そうした流れもあり、この頃のPCのADVは、
特にプレイ時間の短いゲームが多かった時期でしたが、
数十時間を費やす『DE・JA2』は圧倒的に長かったですね。
このボリュームは、当時では別格に多かった方でしょう。
それどころか、当時のRPGの平均クリア時間より長そうですし。
その意味でも満足のいく作品でしたね。

<ゲームデザイン>


deja2-02s.jpg

ゲームシステムはポイント&クリック(P&C)タイプと、
コマンド選択式が混じった併用タイプのADVです。
国産でP&Cタイプって少ないですからね。
もし仮に『YU-NO』がなかったならば、
本作がP&CタイプのADVの最高傑作と言えたかもしれませんね。

ただここは若干注意も必要であり、
本作ではP&C式とコマンド選択式が併用されています。
むしろコマンド選択式寄りですかね。
ELLEなんかは完全なP&C式なので、個人的には若干退化とも感じられますし、
少々残念な変更でもありました。
何で退化とも思える変更をしたのか疑問でもありましたが、
蛭田さんに言わせると、P&C式はまだ馴染みのない人が多く、
それで先に進めず詰まってしまう人も多かったとのこと。
それで例えばドラクエ3が2よりも難易度を落としたように、
ユーザーの多数派に合わせて難易度を落とし、
誰でもクリアできるようにコマンド選択式との併用にしたのでしょう。
そのため一般的な多くのユーザーには良かったのでしょうが、
個人的にはちょっともの足りないというシステムになったわけですね。
エルフの進化に周りが追い付いていけてなかったということであり、
経営的には仕方なかったのでしょう。

さて、システムとグラフィックの両方に関連する話ですが、
あちこちクリックしたり選択したときに面白い返答があるだけでなく、
ちょっとしたアニメーションもあったりしたので、
この点でも非常に楽しめました。
こうした飽きさせない配慮は嬉しいですよね。
ここら辺は当時のエルフのゲーム全般にも該当する、
エルフ作品の大きな特徴であり、
他社より圧倒的に優れていた部分でもあるのでしょう。

<感想・総合>


『同級生』(92年12月)以後のゲームしか知らない人も多いので、
そういう人が同級生から語りたがる気持ちも分かるのですけどね。
でも『同級生』によってシナリオの楽しめる作品が出てきたと言われると、
それ以前からもっと他にもあっただろと言いたくなってしまうし、
そもそも『同級生』自体も理解していないのではと思えてしまいます。
そして何より、エルフでストーリー・シナリオ重視ならば、
まずこれだろって思うわけで、それくらい非常に大満足の作品でした。
事実上のDE・JA3にあたる後継作がYU-NOになるのかもしれませんが、
できれば純粋な続編であるDE・JA3を見てみたかったものですし、
りゅうすけとがちゃ子をまた見たかったものですね。

ランク:AA(名作)

PC-9801 3.5インチソフト DEJA2

関連するタグ PC98 /ADV /P&C式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1992」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1583-bc8346e8
| ホームへ戻る |