晴れのちおおさわぎ!

晴れのちおおさわぎ!

『晴れのちおおさわぎ!』は1989年にPC88用として、
カクテルソフトから発売されました。

98版も発売されていて、PC98版にはOPが付いています。
そのOPが結構良い出来ですので、
もし今からプレイするならば、98版の方が良いかと思います。

oosawagi01.jpg

<概要>


ジャンルはコマンド選択式のADVになります。

PC98末期にアダルトゲームを始めた人には、
よく『晴れのち胸さわぎ』の間違い?って勘違いされたりもしましたが、
本作が『晴れのち~』シリーズの第1弾になります。
もっともシリーズと言っても直接なつながりはないですけどね。
設定や構造が似てるってだけでしたから。

<ストーリー>


ストーリーは、校長から校内での幽霊騒ぎの調査を依頼された主人公が、
ヒロインであるオカルト部部長と共に、
事件の真相に挑むことになるというものです。
調査を進めるにつれ、事件は痴漢の仕業と分かり、
それで事件は一件落着かと思われたのですが、一向に幽霊騒ぎは解消しません。
また調査を進めるうちに大昔の事件との共通点もあらわれ、
時を超えた壮大なものに・・・って感じです。

フラグ潰しに時間をかけさせるわけでもなく、
ドタバタ系ラブコメ路線で終始プレイヤーを楽しませ、
話も小さなものからだんだんスケールが大きくなっていき、
それでいて最後はキッチリと纏め上げてくる。

これは、本当に良く出来ていましたね。
アダルトゲームというか、美少女ゲームはこう作るんだよっていう、
本当に良いお手本のような作品でした。
特にアイデスはラブコメ系のADVを得意とするようになるのですが、
その傾向がハッキリするのも、この作品からなのでしょう。

私は前年に発売された『リップスティックアドベンチャー』も大好きなんですが、
LSAと本作はアプローチが若干異なる気がします。
LSAでもアダルトゲーでここまで出来るんだってことが伝わってきましたが、
LSAどちらかと言うと一般推理ゲームと同じベクトル上にあったかと思います。
一般もののADVをアダルトゲームとして再構成したのが、
LSAということですね。
しかし本作はそういう一般推理ADVとは違って、
ストーリー性とキャラ・ヒロインらの両立という、
美少女ゲームとしての新たな方向性を見出したイメージでした。
RPGならばDQとFFの方向性の違いとでも言いましょうかね。
微妙なニュアンスの違いなので、
上手く伝えられず申し訳ないのですけれど・・・
まぁ面倒臭い説明を抜きに考えても、
例えばPC98時代には、学園で何か事件が起きたから、
主人公がその解決に乗り出すって作品が非常に多く、
一時期は数的には一番の多数派にもなっていたと思います。
以前にコラムを書いた時に数えたりもしたのですが、
昔は探偵ものばかりプレイしていたような気がするにもかかわらず、
PC98で純粋な推理ものって、実は結構少ないわけでして。
じゃあ、私の勘違いかというと、必ずしもそうではなくて、
学園を舞台にして何かの事件をきっかけとする作品が非常に多く、
広い意味でのミステリーものが多かったということなんですね。
そういう一大人気ジャンルで古い物に何があるかを遡っていくと、
本作辺りに辿り着くのかなと思うわけでして。
89年にはストーリー・シナリオの優れた作品が多く、
アダルトゲームがストーリー・シナリオ重視に傾いた年とも言えます。
だから本作以外にもストーリーの優れた作品はあるのですが、
仮に後世への影響をも加味して考えるのであれば、
完全に本作が抜き出てくるように思うのです。

<キャラ>


hareoo05.jpg

何と言ってもキャラが可愛かったですね。
人の好みはそれぞれですが、88年までのアダルトゲームのキャラって、
どうにも可愛いと思えるのが少なかったんですよね。
もちろん『悪女伝説2』のような例外もありますが、そんなのは本当に例外です。
89年になってようやく可愛いキャラのゲームが増えてきたように思えます。
本作はそうした流れを象徴する1本でもあるんですよね。

<ゲームデザイン>


システム的には、コマンド選択式のADVでした。
これだけだと何の特徴もないようですが、ようは使い方の問題ですね。
これまでのアダルトゲームはHシーンが到達点であり、
そこに至るまでの時間潰しに、
ひたすらフラグ潰しってゲームも多かったわけでして。

それに対して本作はストーリーを全面に押し出しており、
余計なフラグ潰しがあまりなかったのが大きかったですね。
この発想は、今日のノベル系ADVにも繋がるものと言えるでしょう。

<感想・総合>


本作は古い作品ですが、その後のアダルトゲームに通じる要素が一杯あります。
一方で、本作以前にはこれだって言い切れる作品はないわけでして。

アダルトゲームの元祖が何であるかは、定義次第で変わってくるでしょう。
ただ、その内容において今日のアダルトゲームの原型となった、
そしてアダルトゲームを発展させた歴史的な一作となると、
おそらくこれなんじゃないかなって思います。
その意味で本作の価値は永遠に損なわれることはないと思うんですよね。
と言うことで、本作は後の美少女ゲームを形作った傑作だと思います。

尚、アイデス系の看板作品として、きゃんきゃんバニーシリーズがあり、
その初代も89年の発売です。
もっとも初代きゃんバニはナンパゲーであり、
80年代半ばから続くナンパゲー路線の発展形と言えるのでしょう。
従来の人気路線の後継作としてきゃんバニがあり、
従来と異なる新たな路線として本作があるということですね。

それにしても、シリーズの他の作品も良作ばかりで、
当時は結構ファンがいたんですよね。
続編を期待している人も少なからずいたと思うのですが、
もう出ないんですかね?
そもそも作れる人が残っていないか・・・
「晴れのち~」シリーズの熱狂的ファンというわけでもないのですが、
伝統のあるシリーズだけに、またいつか出してもらいたいものですね。

ランク:AA-(名作)

PC-8801SRソフト晴れのちおおさわぎ!

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1581-ee79e016
| ホームへ戻る |